BM-SS10

お役立ち情報 電化製品

新型BM-SS10と旧型BM-RT08の違いを比較!【象印ミル付きミキサー】

2021年9月14日

2021年9月11日に象印からミル付きミキサー新型BM-SS10が発売されました。

悩む女性

でも、旧型BM-RT08と
何か変わったのかな?

そんな疑問にお応えする記事です。

この記事で分かることは下記のとおり。

この記事でわかること

  • 新型BM-SS10と旧型BM-RT08の違いがわかる
  • 共通する機能がわかる
  • 新型BM-SS10をおすすめする人
  • 旧型BM-RT08をおすすめする人

結論、改良・追加された機能は、

  • パワーアップしたブレード
  • 軽量・コンパクト化
  • お手入れのしやすさ
  • コーヒミル機能

他にも、新型BM-SS10と旧型BM-RT08の比較表やそれぞれのおすすめする人なども解説しています。

是非、参考にしてみてくださいね。

新型BM-SS10と旧型BM-RT08の違い

さっそく、新型BM-SS10と旧型BM-RT08の
違いを解説していきます。

改良・追加された機能もありますので、
BM-SS10の購入への参考にしてください。

新型BM-SS10と旧型BM-RT08の概要

BM-SS10(新型) BM-RT08(旧型)
品番 BM-SS10 BM-RT08
容量(L)ミキサー 1.0
ミル 0.2
ミキサー 0.75
ミル 0.2
外形寸法
(幅×奥行×高さcm)
15×15×36.5
(ミル使用時 13×15×27)
21×15.5×36
(ミル使用時19.5×15.5×26.5)
重さ(kg) 1.9
(ミル使用時 1.6)
2.9
(ミル使用時 2.0)
グリーン

ブレードの形とブレード周り

まず新型BM-SS10では、
チタンコートブレードが改良されました。

旧型BM-RT08よりも、

  • 葉物野菜は小さくカット
  • 硬い材料は細かく粉砕

「粉砕」と「切削」の役割が大進化。

そしてブレード周りもスッキリしました!

容器と刃のスペースが少なくなり、
1人前の食材でも効率よくカットが可能に。

1人から大家族まで幅広く使えますよ。

これらにより、
なめらかで口当たりが良い
美味しいスムージーが
自宅でお手軽に飲めちゃいます。

コーヒーミル機能付き

新型BM-SS10と旧型BM-RT08は、
ミル容器付きのミキサーです。

  • 新型はコーヒー豆
  • 旧型はお茶

それぞれに挽けるものが違います。

BM-SS10
出典元:象印商品ページより

目覚めの1杯は挽きたての美味しいコーヒー。

食後にホッと一息つけるお茶。

それぞれに利点がありますね。

他にも

  • ふりかけ
  • ドレッシング
  • ソース
  • スパイス

など色々な使い方も可能ですよ。

容器の素材と重さ

ミキサーの問題で、容器の重さにあります。

容器が重いと
スムージーやドリンクを
入れるのが大変。

ミキサーの出し入れも面倒ですしね。

BM-SS10(新型) BM-RT08(旧型)
容量(L)ミキサー 1.0
ミル 0.2
ミキサー 0.75
ミル 0.2
重さ(kg) 1.9
(ミル使用時 1.6)
2.9
(ミル使用時 2.0)

新型BM-SS10は、旧型BM-RT08よりも
1kgも軽くなっています。

それに容量も0.25L増えて
たっぷり作れちゃいます。

たーぼう

軽いのにたくさん作れるって大進化!

コンパクトでシックなデザイン

BM-SS10

BM-RT08

BM-SS10(新型) BM-RT08(旧型)
外形寸法
(幅×奥行×高さcm)
15×15×36.5
(ミル使用時 13×15×27)
21×15.5×36
(ミル使用時19.5×15.5×26.5)

新型BM-SS10は容器のハンドルがなくなり、
横幅が21cm→15cmと6cmもコンパクトに!

キッチンの置く場所にも困らず、

出したままでも邪魔にはなりませんよ。

デザインも

  • 新型BM-SS10
    シンプルでマット調で
    落ち着いた高級感のある黒
  • 旧型BM-RT08
    鮮やかで可愛らしさがあるグリーン

どの家庭のキッチンに馴染んで
インテリアとして使えるのが、
新型BM-SS10のポイントですね。

お手入れのしやすさ

ミキサー容器とブレード部は
回すだけで取り外し可能。

ブレード周りの囲いがなくなったので、
ブラシでブレードから容器の隅々まで
お手入れができちゃいます。

また旧型BM-RT08には、
クリーニングモードがありました。

新型BM-SS10でも、3つのモードの1つ
「低速運転(LO)」でお手入れが可能。

新型BM-SS10は、
軽くてお手入れが簡単になりました!

本体価格

新型BM-SS10と旧型BM-RT08の
価格の違いを紹介します。

大手ECサイトの
Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング
でまとめました。

新型BM-SS10 旧型BM-RT08
Amazon 12,100円 9,455円
楽天 10,970円 9,940円
Yahoo!ショッピング 10,999円 9,930円
※2021年9月13日時点、価格は変動します。

新型BM-SS10の最安値は、
楽天市場になります。

象印マホービン ミキサー ミルつき 1L ブラック BM-SS10-BA
created by Rinker

旧型BM-RT08の最安値は、
Amazonになります。

象印マホービン ミキサー ミルつき お茶ミル容器つき クリーニング機能 0.75L グリーン BM-RT08-GA
created by Rinker

共通する3つの機能

新型BM-SS10と旧型BM-RT08の共通する機能もあります。

  • 着脱が簡単で、誤作動を防ぐ
    「安全ダブルロック構造」
  • 手では洗いにくい刃まわりや
    油汚れもスッキリきれいな
    「クリーニングボタン」
  • ふりかけやドレッシングも
    ラクラクできる
    「ウェット&ドライミル」

新型BM-SS10をおすすめする人

新型BM-SS10をおすすめする人は下記のとおり。

  • なめらかで口当たりの良い
    スムージー・ドリンクを
    楽しみたい人
  • コーヒーを自宅で
    挽いて飲みたい人
  • 容量を多く作りたい人
  • 軽くてお手入れを簡単にしたい人
  • たくさんの量を作りたい人
  • 新型が欲しい人

旧型BM-RT08をおすすめする人

旧型BM-RT08をおすすめする人は下記のとおり。

  • お茶を自宅で飲みたい人
  • 価格が安いほうがいい人
  • 色鮮やかで可愛い
    デザインがいい人
  • 旧型でも気にしない人

まとめ:新型BM-SS10と旧型BM-RT08の違い

ということでまとめます。

6年ぶりに象印から新発売されることになったミル付きミキサー「BM-SS10」

  • 容器が重い
  • お手入れがしにくい
  • 出し入れが面倒

などお蔵入りになりやすい家電の問題点を
機能の改良・追加しました。

機能の改良・追加されたポイントとしては、

  • コンパクトでシック調な高級感のあるデザイン
  • お手入れが簡単で、
    サッと掃除が可能
  • 改良されたブレードで
    なめらかで口当たりの良い
    スムージーやドリンクが作れる
  • 軽量化に成功で容量はアップ

旧型と新型の価格差は、
それほどありません。

全体的にパワーアップされた新型のほうが
圧倒的におすすめですよ。

象印マホービン ミキサー ミルつき 1L ブラック BM-SS10-BA
created by Rinker
象印マホービン ミキサー ミルつき お茶ミル容器つき クリーニング機能 0.75L グリーン BM-RT08-GA
created by Rinker

この記事があなたの参考になるとうれしいです。

スポンサーリンク

-お役立ち情報, 電化製品