chrome-edge

お役立ち情報 ブログ

【1分で分かる】Chrome・Edge閲覧履歴からウェブページを検索する方法

2021年7月28日

前に見たウェブページ、どこだったかな…。

また見たいけど、URLを覚えていないし、ブックマークも忘れてしまった…。

確認方法は何かないかな?

そんな疑問にお応えする記事です。

この記事でわかることは、下記のとおり。

この記事でわかること

  • Chromeから閲覧したウェブページを検索する方法
  • Edgeから閲覧したウェブページを検索する方法
  • Chromeの閲覧履歴を削除する方法
  • Edgeの閲覧履歴を削除する方法

結論、Chrome・Edgeの閲覧履歴を確認するには「Ctrl」+「H」キーから見れます。

細かい閲覧履歴の検索や閲覧履歴の消去方法も解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

Chrome・Edgeから閲覧履歴を検索する方法

chrome-edge

閲覧履歴から、ウェブページを見つけることができます。

なぜなら、閲覧履歴をキーワード・閲覧日で検索が可能だから。

Chrome・Edgeの検索方法を、順に解説します。

Chromeで閲覧履歴から検索する方法

Google chromeの閲覧履歴を確認するのは、簡単です。

ショートカットキー「Ctrl」+「H」キーで、見ることができるから。

まず、Google chromeを開きます。

閲覧履歴を開くには、下記の方法から開けます。

  • ショートカットキー「Ctrl」+「H」キー
  • 右上にある縦の「︙」から履歴へ
chrome

開いたら、履歴の検索から「探しているウェブページのキーワード」を入れて検索します。

キーワードが少ない場合は、「閲覧日」の日付から絞り込むと探しやすいですよ。

chrome

検索・閲覧日からウェブページを発見できたら、クリックすればOK。

chrome

Edgeでの閲覧履歴を確認する方法

Microsoft Edgeの閲覧履歴を、確認するのも簡単。

ショートカットキー「Ctrl」+「H」キーで、見ることができるから。

まず、Microsoft Edgeを開きます。

閲覧履歴を開くには、下記の方法から開けます。

  • ショートカットキー「Ctrl」+「H」キー
  • 右上にある縦の「︙」から履歴へ
edge

そのあと、虫めがねをクリックすれば検索が可能。

edge

このままだと少し探しづらい人は、履歴の右上「…」から「履歴ページ」を開きます。

edge

より詳細に検索することができますよ。

Edgeでは「左上の三本線」から、検索の期間を指定して絞り込むことが可能。

edge

上記の方法で閲覧履歴から検索をすることで、探しているウェブサイトを見つけやすいですよ。

探しているウェブサイトを見つけたら、クリックすればOK。

edge

Chrome・Edgeの閲覧履歴を消去する方法

ウェブページを検索する方法は分かった。

自分の閲覧履歴を家族に見られたくないな…。

閲覧履歴の消去する方法も知りたいな…。

PCを共有していると、閲覧履歴が見られる可能性もあります。

家族といえども、何を見ていたか知られるのは嫌ですよね。

そこで、Chrome・Edgeの閲覧履歴を消去する方法を解説。

Chromeの閲覧履歴を消去する方法

Google Chromeの閲覧履歴を消去するのは、3通り。

「個別」「複数」「削除期間」を選んで、削除ができます。

個別削除

履歴ページから、縦の「︙」をクリックすると「履歴から削除」を選択すると個別削除できます。

chrome-delete

複数削除

削除したいウェブページに、チェックを入れます。

チェックを入れたら、右上の削除でOK。

chrome-delete

期間を決めて削除

期間を選んだ閲覧履歴データの削除を開くには、3通り。

1つ目

ショートカットキーから「Shift」+「Ctrl」+「Del」キーから。

2つ目

閲覧履歴の中の左にある「閲覧履歴データの削除」から選択。

chrome-delete

3つ目

Chromeの右上にある縦「︙」から設定を選択。

chrome-delete

設定の中央あたりにあるプライバシーと、セキュリティの中の「閲覧履歴データの削除」をクリック。

chrome-delete

そのあと閲覧履歴データの削除をひらいたら、削除する期間を決めます。

削除できる期間

  • 1時間以内
  • 過去24時間
  • 過去7日間
  • 過去4週間
  • 全期間

削除する期間を選んだら、「データを削除」で完了。

chrome-delete

ただし削除をすると、ログイン状態のサイトからログアウトすることになり、再度ログイン手順が必要。

少し手間がかかることがありますので注意を。

Edgeの閲覧履歴を消去する方法

Microsoft Edgeの閲覧履歴を消去するのは、3通り。

「個別」「複数」「削除期間」を選んで、削除ができます。

個別削除

履歴から消したいウェブサイトに合わせて、 ✕マークで個別削除できます。

edge-delete

複数削除

「Ctrl」+「H」で履歴を開き、横「…」から履歴ページを開きます。

edge

削除したいウェブページの左のチェック欄に、チェックを入れます。

edge-delete

チェックを入れたら、削除でOK。

期間を決めて削除

期間を選んだ閲覧履歴データの削除を開くには、3通り。

1つ目

ショートカットキーから「Shift」+「Ctrl」+「Del」キーから。

2つ目

閲覧履歴の「…」から「閲覧データをクリア」をクリック。

edge-delete

3つ目

Edgeの右上にある縦の「︙」から「設定」を選択。

chrome-delete

設定の左上にある「三本線」から、「プライバシー、検索、サービス」をクリック。

edge-delete

「プライバシー、検索、サービス」内にある「閲覧データをクリア」を選べばOK。

edge-delete

そのあと閲覧履歴データの削除をひらいたら、削除する期間を決めます。

削除できる期間

  • 1時間以内
  • 過去24時間
  • 過去7日間
  • 過去4週間
  • 全期間

削除する期間を選んだら、「データを削除」で完了。

edge-delete

ただし削除をすると、ログイン状態のサイトからログアウトすることになり、再度ログイン手順が必要。

少し手間がかかることがありますので注意を。

まとめ:探しているウェブページは閲覧履歴から検索を

ということでまとめます。

探しているウェブページを探すには、閲覧履歴から検索が可能です。

Chrome・Edgeともに、ショートカットキーは「Ctrl」+「H」。

探しているウェブページに関するキーワードと閲覧日で検索すれば見つけられます。

上手に活用するとよいですよ。

また、閲覧履歴の消去方法は以下の通り。

Chrome・Edgeともに、ショートカットキーは「Shift」+「Ctrl」+「Del」。

個別・複数・日数の期間を選んで、削除が可能です。

見られたくない閲覧履歴は、削除していきましょう。

この記事が、あなたの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

-お役立ち情報, ブログ