※本記事はプロモーションを含みます。

広告 生活

マイショッピングカート「EcoCa」と「maica」違いを比較!おすすめはどっち?

「EcoCa (エコカ) とmaica (マイカ) って何が違うの?」

「どっちのカートを買ったらいいの?」

こういった疑問を解決する記事です。

結論からいうと、EcoCa (エコカ) とmaica (マイカ) の違いは次の5つ。

  • 本体のサイズはmaica (マイカ) の方が大きい
  • 上部と下部の耐荷重が違う
  • 収納口のとじ方とポケットの有無
  • EcoCa (エコカ) は返品保証付き
  • EcoCa (エコカ) の方が約7,000円安い

どちらのマイカートも、性能面や操作性、利便性はほとんど変わりません。

大きく違うのは、「価格」「保証内容」「上下の耐荷重」の3点です。

詳しくは本文にてお話しますね。

結論

約7,000円安く30日間の返品保証がつき、上部にしっかりと収納できる「EcoCa(エコカ)」がおすすめ。

▼お手頃な価格!EcoCa (エコカ) はこちら

\公式ストアは30日間の返品保証付/

プライムダイレクト公式ストアで詳細を見る

▼新型 EcoCa (エコカ) プレミア はこちら

EcoCa (エコカ) の口コミを知りたい方は下記を参考にしてみてください。

》らくらくマイカートEcoCa(エコカ)の評判・口コミ8選

▼上下両方にバスケットを収納可能!maica (マイカ) はこちら

【比較】「EcoCa(エコカ)」と「maica(マイカ)」の違いは5つ

ecocaとmaicaの違いを解説

EcoCa(エコカ)とmaica(マイカ)の違いは次の5つ。

  • 本体のサイズはmaica (マイカ) の方が大きい
  • 上部と下部の耐荷重が違う
  • 収納口のとじ方とポケットの有無
  • EcoCa (エコカ) は返品保証付き
  • EcoCa (エコカ) の方が約7,000円安い

【違い①】本体のサイズはmaica (マイカ) の方が大きい

エコカ本体マイカ本体
商品名EcoCa (エコカ)maica (マイカ)
組み立てサイズ幅44.6×奥行76×高さ100cm幅48×奥行84×高さ104cm

maica (マイカ)は、EcoCa (エコカ)より一回り大きいです。ハンドルの高さも、4cmアップしていますよ。

大きめのカートを求めるなら、maica (マイカ) がおすすめです。

ただし小柄な人は、maica (マイカ)の方が肩への負担が大きいですね。

ポイント

EcoCa (エコカ) の方がハンドルの位置が低い。

【違い②】上部と下部の耐荷重が違う

エコカ本体マイカ本体
商品名EcoCa(エコカ)maica(マイカ)
全体の耐荷重最大30kg最大30kg
上部の耐荷重約25kg約20kg
下部の耐荷重約5kg約15kg

収納力に優れたカートを求めるなら、maica (マイカ)がおすすめです。

maica (マイカ)は上段と下段に、買い物かごが入ります。

EcoCa (エコカ)は上段しか、買い物かごが入りません。耐荷重はどちらも同じ30kgです。

つまり上カゴだけで普段使いするなら「EcoCa (エコカ)」。上カゴと下カゴをバランスよく使うなら「maica (マイカ)」がいいですね。

ポイント

EcoCa (エコカ):買い物かごは上部のみ。

maica (マイカ):買い物かごは上下どちらもOK。

【違い③】収納口のとじ方とポケットの有無

エコカ本体マイカ本体
商品名EcoCa (エコカ)maica (マイカ)
収納口のとじ方ファスナー
ポケットの有無なし外、内にポケットあり

デザイン性の違いは次の2つ。

  • 収納口のとじ方
  • マイバッグのポケットの有無

収納口のとじ方

EcoCa (エコカ) とmaica (マイカ) の収納口のとじ方は次のとおり。

  • EcoCa (エコカ):紐で収納口を絞る「きんちゃくタイプ」
  • maica (マイカ):ダブルジップで、上部を閉める「ファスナータイプ」

EcoCa (エコカ) の方が、荷物の出し入れは手軽です。

ただmaica (マイカ) の方が、急な雨でも対応しやすいですね。

ポケットの有無

マイバッグの内側と外側に、ポケットが付いているのかが違います。

EcoCa (エコカ) には、小物を入れるポケットは搭載されていません。maica (マイカ) は内側と外側に、小物を入れられるポケットを搭載。

  • 店舗の駐車券
  • 購入したレシート
  • 店舗独自のポイントカード

など、買い物中やレジでサッと取り出したいものを入れとくと便利ですね。

ポイント

EcoCa (エコカ) の収納方法は「きんちゃくタイプ」。

maica (マイカ) の収納方法は「ファスナータイプ」。

maica (マイカ) のマイバッグには、内側と外側にポケット付き

【違い④】EcoCa (エコカ) は返品保証付き

エコカ本体マイカ本体
商品名EcoCa (エコカ)maica (マイカ)
保証期間1年間1年間
返品保証30日間

EcoCa (エコカ) は公式ストアで購入すると、30日間の返品保証が付きます。

さらに返品するときは、以下の2つが無料です。

  • 返品送料
  • 返品手数料

商品は実際に使ってみないとわからないことがあります。

30日間の返品保証があると、本当に良いものか見極められますね。

ポイント

EcoCa (エコカ) は30日間の返品保証あり!

【違い⑤】EcoCa (エコカ) の方が約7,000円安い

エコカ本体マイカ本体
商品名EcoCa (エコカ)maica (マイカ)
本体+マイバッグ20,800円幅44.6×奥行76×高さ100cm27,500円
※価格はメーカー公式価格。

上記の表とおり、約7,000円の価格差です。

EcoCa (エコカ) とmaica (マイカ) の性能に、大きな違いはありません。

EcoCa (エコカ) の方がお手頃な価格ですね。

ポイント

EcoCa (エコカ) の方がリーズナブル。

▼お手頃な価格!EcoCa (エコカ) はこちら

\公式ストアは30日間の返品保証付/

プライムダイレクト公式ストアで詳細を見る

EcoCa (エコカ) の口コミを知りたい方は下記を参考にしてみてください。

》らくらくマイカートEcoCa(エコカ)の評判・口コミ8選

▼上下両方にバスケットを収納可能!maica (マイカ) はこちら

》目次へもどる

マイカートを選ぶならどっちがおすすめ?【結論、EcoCaがおすすめ!】

ecocaとmaica、おすすめはどっち

結論、EcoCa (エコカ) がおすすめです。

価格が安く、30日間の返品保証がついているため。

上記を踏まえて、EcoCa (エコカ) とmaica (マイカ) をおすすめする人を紹介します。

EcoCaをおすすめする人

  • 価格をおさえたい
  • 荷物は上部に多くのせる
  • 保証は手厚いほうが良い
  • 収納口はきんちゃくタイプが良い
  • ハンドルの位置は低いほうが良い

maicaをおすすめする人

  • 身長が高い人
  • バッグにポケットが欲しい
  • 収納口はファスナー式が良い
  • 荷物は上下バランスよくのせたい

EcoCa (エコカ) とmaica (マイカ) の最大の違いは、「価格」「保証内容」「上下の耐荷重」の3点。

上記の観点だけで選んでOKです。

どちらのカートも、

  • コンパクト設計
  • なめらかな操作性
  • フットブレーキ搭載
  • マイカートで衛生的
  • ワンタッチで組み立てられる

と、性能面に違いはありません。

結論、約7,000円安く30日間の返品保証がつき、上部にしっかりと収納できる「EcoCa (エコカ) 」がおすすめですね。

EcoCa (エコカ) とmaica (マイカ) のスペック表

商品名EcoCa (エコカ)maica (マイカ)
商品画像エコカ本体マイカ本体
メーカープライムダイレクトピタットジャパン
組み立てサイズ幅44.6cm
奥行76cm
高さ100cm
幅48cm
奥行84cm
高さ104cm
折りたたみサイズ幅44.6cm
奥行67.3cm
高さ25cm
幅48cm
奥行63cm
高さ25cm
バッグサイズ幅33.1cm
奥行51.6cm
高さ26cm
幅33cm
奥行51cm
高さ23cm
アンダーバスケットサイズ幅33cm
奥行51cm
高さ23cm
重さ全体:約5.8kg
本体:約5kg
マイバッグ:約0.8kg
全体:約5.5kg
本体:約4.3kg
バスケット:約0.75kg
アンダーバスケット:約0.45kg
耐荷重全体:約30kg
上段:約25kg
下段:約5kg
全体:約30kg
上段:約20kg
下段:約15kg
セット内容本体
マイバッグ
後輪×2
取扱説明書一式
本体
バスケット
アンダーバスケット
前輪×2
後輪×2
取扱説明書一式
生産国中国中国
返品保証30日間
保証期間1年間1年間

\公式ストアは30日間の返品保証付/

プライムダイレクト公式ストアで詳細を見る

EcoCa (エコカ) の口コミを知りたい方は下記を参考にしてみてください。

》らくらくマイカートEcoCa(エコカ)の評判・口コミ8選

▼上下両方にバスケットを収納可能!maica (マイカ) はこちら

》目次へもどる

EcoCa (エコカ) とmaica (マイカ) の共通の機能や仕様

ecocaとmaicaの共通の機能や仕様

ここからはEcoCa (エコカ) とmaica (マイカ) の共通の機能や仕様を紹介しますね。

組み立てはワンタッチで簡単!

組み立てと折りたたみ方は次のとおり。

※上記の映像はEcoCa (エコカ) です。maica (マイカ) でもやり方は同じですよ。

組み立て方

ハンドルをつかみ持ち上げ、ハンドルを手前に引きながら、本体全体を起こすように立ち上げる。

折りたたみ方

ハンドル中央部にある折りたたみボタンを押し込む。

ハンドルをゆっくり前に倒す。

大きな力は要りません。立ったまま片手でスムーズに開閉できます。

たーぼう

子どもの手を離さずに、サッと収納できて安心ですね。

なめらかな操作性

EcoCa (エコカ) とmaica (マイカ) の前輪が、360度回転できるため。小さな半径で、カートを動かせます。

次のような場面で役に立ちますよ。

  • 狭いコーナー
  • 混雑した歩道
  • 食料品店の通路
  • 障害物を回避する

スムーズに移動できるので、ストレスなく快適に使えますね。

静音に優れた設計

タイヤ上部のスプリングが、衝撃を吸収するため。

リラックスしてストレスのないショッピングを楽しめます。

さらにEcoCa (エコカ) とmaica (マイカ) は、太めのタイヤを採用。

  • ガタガタ道でも安定
  • 溝や側溝にハマりにくい
  • 快適に動かせるので疲れにくい

アパートに住んでいる人や近所に住む人に、不要な騒音を出さずに済みます。外でも気軽に使えますね。

フットブレーキで安全ロック

EcoCa (エコカ) とmaica (マイカ) は、シンプルなフットブレーキを採用。

駐車場で風や傾斜、荷物を取り出すときに、動くことを防ぎます。

たーぼう

自分の車や周りの車に、カートをぶつけないかの心配も減りますね。

借りたカートの返却する手間がない

お店のカートを返却する時間と手間を減らせます。

次のような状況では助かります。

  • 足が不自由
  • 強風や雨など天候の悪い日
  • 駐車場とカート置き場が遠い

そのまま自宅へ帰れるので、移動が楽になりますね。

マイカートだから衛生面で安心

時間帯や店舗によっては、消毒をしていないカートがあるため。

実際に買い物前後の手洗い・消毒を気にする人が多いです。

ショッピングカートで気になること

出典元:Shufoo!「【新型コロナ影響調査Vol.2 緊急実施】」より

店舗の出入り口でカートを拭くのも、意外と面倒です。

マイカートなら他人が使ったカートや、買い物が終わったあとも安心ですね

買い物以外でも活躍する

かさばる荷物をのせて、気軽に運べるからです。

たとえば次のとおり。

  • スポーツ
  • ピクニック
  • バーベキュー
  • ガーデニング
  • フロア間の移動

マイバッグは収納口を閉じられます。中身を他の人に見られなくて済みます。さらに衛生面でも安心ですよ。

たーぼう

遊びや日常生活に幅広く活用できますね。

》目次へもどる

まとめ:マイショッピングカート「EcoCa」と「maica」の違いは5つ

本記事はEcoCa (エコカ) とmaica (マイカ) の違いを5つお伝えしました。

違いは次の5つ。

  • 本体のサイズはmaica (マイカ) の方が大きい
  • 上部と下部の耐荷重が違う
  • 収納口のとじ方とポケットの有無
  • EcoCa (エコカ) は返品保証付き
  • EcoCa (エコカ) の方が約7,000円安い

EcoCa (エコカ) とmaica (マイカ) は、性能面や操作性、利便性はほとんど変わりません。

最大の違いは、「価格」「保証内容」「上下の耐荷重」の3点。

上記の3点に注目すれば決めやすいですよ。

価格は安く返品保証があって、下部に荷物を置かない場合は「EcoCa (エコカ) 」がいいですね。

返品保証がなく価格が高くても、荷物をバランスよく運びたい場合は、「maica (マイカ) 」で十分満足できます!

▼お手頃な価格!EcoCa (エコカ) はこちら

\公式ストアは30日間の返品保証付/

プライムダイレクト公式ストアで詳細を見る

▼新型 EcoCa (エコカ) プレミア はこちら

EcoCa (エコカ) の口コミを知りたい方は下記を参考にしてみてください。

》らくらくマイカートEcoCa(エコカ)の評判・口コミ8選

▼上下両方にバスケットを収納可能!maica (マイカ) はこちら

》目次へもどる

-生活
-, , ,