季節・空調家電

【最新比較】2022年と2021年「こたんぽ」違いは5つ【進化した着るこたつ】

2022年版「こたんぽ」と2021年版「こたんぽ」の違いを解説します。

2022年版と2021年版の違いは以下の5つです。

  • 2022年版は10cm伸び、約500g軽くなった
  • ベルトが面ファスナーからドローコードに変更
  • 最高温度【2022年版は55℃、2021年版は45℃】
  • タイマー設定【2022年版は120分、2021年版は90分】
  • 2022年版は足元のもこもこを増量

どちらも同じタイプの着るこたつで、ぽかぽかで暖かい機能は変わりません。

2021年版では、細かな問題点がありました。2022年版では問題点を改善し、進化していますよ。

詳細は本文にてお話しますね。

\前モデルより暖かさアップ!/

イーベストPC・家電館
¥10,780 (2022/12/06 19:00時点 | 楽天市場調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場で見る

【最新比較】2022年と2021年「こたんぽ」違いは5つ

2022年版小たんぽの違い

2022年版と2021年版のこたんぽの違いは以下の5つです。

  • 2022年版は10cm伸び、500g軽くなった
  • ベルトが面ファスナーからドローコードに変更
  • 最高温度【2022年版は55℃、2021年版は45℃】
  • タイマー設定【2022年版は120分、2021年版は90分】
  • 2022年版は足元のもこもこを増量

それでは、各項目を解説していきます。

【違い①】2022年版は10cm伸び、500g軽量化

2022年版のこたんぽは、上部の毛布が10cm伸びました。

なぜなら、2021年版は身長170cmを超える人には少し短いとの声が上がっていたためです。

重さで少し下にずり落ちてしまうので、身長の高い人には少し短めです。

2022年版のこたんぽは、長さが短いとの声に応え、上部の毛布が10cm長くなりました。

たーぼう

170cmくらいなら、胸までぬくぬくですよ。

またこたんぽは暖かい状態で、移動できることが最大のメリットです。でも本体が重たいとの声もありました。

2022年版は2021年版よりも軽量化されています。ただヒーターを付けている状態と無い状態で、重さに差があります。

下記の表でそれぞれの重さを参考にしてみてください。

2022年版2021年版2022年2021年
重さの差
本体1,350g1,980g630g
ヒーター400g250g150g
本体+ヒーター1,750g2,230g480g

本体のみなら約600gの軽量化です。でもこたんぽは、ヒーターを装着した状態で、

  • 暖まる
  • 移動する

ことが多いと思います。

実質、約500gの軽量化になりますね。

ポイント

2022年版は上部の毛布部分が10cm伸びた、約500gの軽量化

【違い②】ベルトが面ファスナーからドローコードに変更

  • 2022年版:ドローコード (引っ張るひも)
  • 2021年版:面ファスナー (マジックテープ)

2つ目の違いは、ウエストを締める方法の変更です。

2021年版は両面にマジックテープ式でした。

こたんぽのマジックテープは、

  • 生地に引っかかりやすい
  • 角がとがっていて危ない

という注意点がありました。

2022年版では留め具付きの引っ張るひもに変更です。

ウエストの絞ったり開いたりといった調整が、容易にできるようになりました。

ポイント

2022年版は、面ファスナーからドローコードに変更

【違い③】最高温度【2022年版は55℃、2021年版は45℃】

2022年版こたんぽ-温度
  • 2022年版:最低38℃、最高55℃の6段階
  • 2021年版:最低30℃、最高45℃の6段階

2022年版は2021年版より、最高温度が10℃も高くなりました。早く暖めたいときに活躍してくれます。

ただ高い温度を同じ部分に当てつづけていると、

  • 低温やけど
  • 熱中症

になる可能性があります。

中が温まったら温度を下げて、暖かい状態をキープしてください。

ポイント

2022年版の最高温度は55℃

【違い④】タイマー設定【2022年版は120分、2021年版は90分】

2022年版こたんぽ-タイマー
  • 2022年版:30分・60分・90分・120分の4段階
  • 2021年版:30分・60分・90分の3段階

2021年版では90分で自動的に停止していました。

そのため、

困る男性
困る男性

意外とすぐに時間がきて、長く設定できるようにして欲しい…

と不満の声がありました。

2022年版は30分延長して、最大120分までタイマー設定ができます。自動停止機能付きなので、

  • 節電
  • 電源の消し忘れ
  • 低温やけどの予防

の対策にもなっていますよ。

ポイント

2022年版は、タイマー設定が30分伸びた

【違い⑤】2022年版は足元のもこもこを増量

2022年版は足元部分のもこもこが増えました。

なぜなら2021年版では、

  • 足元が薄いシートで冷える
  • 足先がややスースーする
  • 足には別の暖房が必要

と、「足先が暖かだったら、もっと満足する」といった口コミが多かったです。

2022年版ではもこもこが増えたことで、防寒対策が向上しましたよ。

ポイント

2022年版はもこもこと足元が暖かさが増した

\暖かいまま、移動ができる!/

イーベストPC・家電館
¥10,780 (2022/12/06 19:00時点 | 楽天市場調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場で見る

》目次へもどる

2022年と2021年「こたんぽ」どっちがおすすめ

2022年版小たんぽのおすすめはこれ

ここまでの違いを総括しますと次のとおりです。

  • 2022年版は上部の毛布部分が10cm伸びた、約500gの軽量化
  • 2022年版は、面ファスナーからドローコードに変更
  • 2022年版の最高温度は55℃
  • 2022年版はタイマー設定が、30分伸びた
  • 2022年版はもこもこと足元が暖かさが増した

そのうえで2022年版と2021年版のこたんぽ、どちらがおすすめなのかお伝えします。

結論、おすすめは「2022年版のこたんぽ」です。

なぜなら、性能・利便性・暖かさがパワーアップしているため。上記でも解説しましたが2021年版には、

  • 長さが足りない
  • タイマーが短い
  • 足元がスースーする

などの細かな問題点がありました。

2022年版では、上記の問題点を1つ1つ改善しています。したがって、こたんぽで快適な冬の生活を過ごすなら2022年版がいいですね。

\前モデルより暖かさアップ!/

イーベストPC・家電館
¥10,780 (2022/12/06 19:00時点 | 楽天市場調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場で見る

》目次へもどる

2022年と2021年「こたんぽ」共通する特徴・スペック

2022年版小たんぽの共通の特徴

ここからは2022年版と2021年版こたんぽの共通する特徴・機能を解説していきます。

高保温性能フリースと前面PTCヒーターで360℃ぽかぽか

こたんぽは、

  • 高保温性能フリース
  • 前面にPTCヒーター

が取り付けられています。

前面のヒーターで暖めて、もこもこのフリースで熱を逃しません。ぽかぽかとした心地よさを長く満喫できますよ。

リモコンの表示面が大きい

こたんぽのリモコンは大型です。

タイマー設定や温度設定が、

  • パッと確認
  • サッと操作

しやすい設計です。ボタンも少ないので、わずらわしさを感じさせない設計が良いですね。

電気代が安い

こたんぽの電気代は、「1日6時間で約9円」と安いです。

なぜなら、PTCヒーターがムダな電力を使わないため。

PTCヒーターとは

温度が上がると電気をおさえ、温度が下がると電気を流す仕様

PTCヒーター

ムダな消費電力を使わず、一定の暖かさをキープしてくれます。またヒーターの異常な温度上昇を抑える特性もあります。

まとめると、省エネと安全性に優れ、お財布にやさしいヒーターですよ。

ヒーターが脱着できて、手洗い可能

こたんぽは、ヒーターの取り外しができます。

こたんぽのカバーは、手洗いが可能です。定期的に洗えますので、衛生面も安心です。

シーズンが過ぎたら、コンパクトに折りたためます。収納場所も困りませんね。

ヒーターを洗うのはNGですよ。

2022年と2021年こたんぽの比較表

2022年こたんぽ2021年こたんぽ
本体サイズ幅48 × 高さ130 × 奥行32cm幅48 × 高さ129 × 奥行32cm
ウエストサイズ約76~155cm約76~155cm
折りたたみサイズ高さ20 × 幅40cm高さ20 × 幅40cm
本体の重さ約1,350g約1,980g
ヒーターの重さ約400g約250g
ヒーターの範囲前面部分すべて前面部分すべて
電源AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
定格最大消費電力60W60W
電気代
(6時間/日)
約9円約9円
タイマー30分
60分
90分
120分
30分
60分
90分
最大温度38℃
42℃
45℃
48℃
52℃
55℃
30℃
33℃
36℃
39℃
42℃
45℃
保証期間購入日より12ヶ月購入日より12ヶ月
発売日2022/10/32021/10/25

》目次へもどる

まとめ:2022年と2021年「こたんぽ」違いは5つ

本記事は2022年版と2021年版のこたんぽの違いを解説しました。

違いを比較したところ、以下の5つ。

  • 2022年版は上部の毛布部分が10cm伸びた、約500gの軽量化
  • 2022年版は、面ファスナーからドローコードに変更
  • 2022年版の最高温度は55℃
  • 2022年版はタイマー設定が、30分伸びた
  • 2022年版は、もこもこと足元が暖かさが増した

どちらも体をすっぽりと包みこんで、冬の寒さからしっかりと守ってくれます。

テレワークや勉強、リビングでまったりと、活躍できる場所は幅広いです。

あなただけのこたんぽで、寒い冬を乗り切りましょう。

\デスクワークの強い味方!/

イーベストPC・家電館
¥10,780 (2022/12/06 19:00時点 | 楽天市場調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場で見る

-季節・空調家電
-, ,