ホーム&キッチン用品

【比較】ビストロの達人3とビストロの達人2の違いは5つ【どっちがおすすめか解説】

イワタニのカセットコンロ、ビストロの達人3とビストロの達人2の違いを徹底解説します。

「ビストロの達人3」と「ビストロの達人2」の違いは次の5つです。

  • ビストロの達人2は「連続燃焼時間」が長い
  • 「点火確認窓」の数がビストロの達人3は2つ多い
  • ビストロの達人3は「立ち消え安全装置」を搭載
  • ビストロの達人3は「日本製」、ビストロの達人2は「中国製」
  • ビストロの達人3は「限定カラー」あり

どちらのカセットコンロも、

  • 火力の強さ
  • 災害時に役に立つ
  • アウトドアに便利
  • 豊富な料理が作れる
  • お手入れのしやすさ

など、性能や利便性に違いはありません。

大きく違うのは、「生産国」「安全装置」「カラーバリエーション」の3点です。

詳しくは本文にてお話しますね。

結論

“日本製”で“立ち消え安全装置”が増え、おしゃれな“カラー”そろっている「ビストロの達人3」がおすすめです。

▼日本製でカラーが豊富!「ビストロの達人3」はこちら

ビストロの達人3の良い口コミ・悪い口コミを知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

》【イワタニ】ビストロの達人3の口コミ8選【プレート4種類も解説】

▼中国製で価格が少し安い!「ビストロの達人2」はこちら

【比較】ビストロの達人3とビストロの達人2の違いは5つ

ビストロの達人3とビストロの達人2の違いを解説

ビストロの達人3とビストロの達人2の違いは次の5つです。

  • ビストロの達人2は「連続燃焼時間」が長い
  • 「点火確認窓」の数がビストロの達人3は2つ多い
  • ビストロの達人3は「立ち消え安全装置」を搭載
  • ビストロの達人3は「日本製」、ビストロの達人2は「中国製」
  • ビストロの達人3は「限定カラー」あり

1つずつ違いを解説しますね。

【連続燃焼時間の違い】ビストロの達人2は連続燃焼時間が長い

商品名ビストロの達人3ビストロの達人2
連続燃焼時間107分120分

1つめの違いは「連続燃焼時間」が違います。

カセットボンベの持ちは、ビストロの達人2の方が約13分長持ちします。

アウトドアやキャンプを何日も楽しむとき、

  • カセットコンロを使う時間が長い
  • カセットボンベの交換を少なく済ませたい
  • カセットボンベを持っていく本数を減らしたい

といった場合は、ビストロの達人2の方がいいですね。

ポイント

ビストロの達人2はカセットボンベの持ちが少し良い

【点火確認窓の数】ビストロの達人3は3つ、ビストロの達人2は1つ

商品名ビストロの達人3ビストロの達人2
点火確認窓3つ1つ

2つ目の違いは「点火確認窓」の数です。

ビストロの達人3になって、点火確認窓の数が「1つ→3つ」に増えました。

火の状態が素早くチェックできるのがメリットですね。あなたが火加減が弱くなっていることに気づかなくても、家族が気づいてくれますよ。

ポイント

ビストロの達人3は火のチェックがしやすい。

【安全装置の違い】ビストロの達人3は立ち消え安全装置を搭載

商品名ビストロの達人3ビストロの達人2
安全装置機能圧力感知安全装置
立ち消え安全装置
容器装着安全装置
圧力感知安全装置
容器装着安全装置

3つ目の違いは「安全装置」が違います。

ビストロの達人3は「立ち消え安全装置」が新しく搭載されました。

アウトドアやキャンプで使っているときに、

  • 強い風で火が消えてしまう
  • 調理中に子供の面倒を見てて、吹きこぼれて火が消えてしまう

場合もあると思います。

火が消えたときガスが出たままにならず、自動的にガスを止める役割が「立ち消え安全装置」ですよ。

たーぼう

ビストロの達人3の方が、より安全に調理を楽しめます♪

ポイント

ビストロの達人3の方が安全性が高い。

【生産国の違い】ビストロの達人3は日本製、ビストロの達人2は中国製

商品名ビストロの達人3ビストロの達人2
生産国日本製中国製

4つ目の違いは「ビストロの達人の生産国」が違います。

ビストロの達人3は日本製、ビストロの達人2は中国製です。どちらも品質が高く、評価も高いですよ。

作られている場所にこだわりがある人は、気にしたほうがいいですね。

ポイント

ビストロの達人3は日本製、ビストロの達人2は中国製

【カラーの違い】ビストロの達人3は限定カラーあり

商品名ビストロの達人3ビストロの達人2
カラーパールブラウン
パールピンク
パールレッド
パールホワイト
パールブラック
ホワイト

5つ目の違いは「カラーバリエーション」です。

ビストロの達人2はホワイト1色。

ビストロの達人3は次の5色です。

  • パールブラウン
  • パールピンク
  • パールレッド
  • パールホワイト
  • パールブラック

ビストロの達人3は可愛い色や上品な色など、おしゃれなカセットコンロがそろっていますね。

ポイント

ビストロの達人3はカラーが豊富。

▼日本製でカラーが豊富!「ビストロの達人3」はこちら

ビストロの達人3の良い口コミ・悪い口コミを知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

》【イワタニ】ビストロの達人3の口コミ8選【プレート4種類も解説】

▼中国製で価格が少し安い!「ビストロの達人2」はこちら

》目次へもどる

ビストロの達人3とビストロの達人2 どっちがおすすめ

ビストロの達人3とビストロの達人2のおすすめを解説

ここまでビストロの達人3とビストロの達人2の比較を解説しました。その上でどちらが、あなたにおすすめなのか話しますね。

その前に、ビストロの達人3とビストロの達人2の価格は次のとおりです。

◆ビストロの達人3とビストロの達人2の価格

商品名ビストロの達人3ビストロの達人2
通常セット10,978円9,980円
焼肉プレートS セット12,666円11,800円

ビストロの達人3がおすすめな人

  • 日本製がいい人
  • 安全装置は一つでも多い方がいい人
  • おしゃれなカラーのカセットコンロが欲しい人

ビストロの達人2がおすすめな人

  • 少しでも価格を抑えたい人
  • 生産国はどこでも気にしない人
  • カセットボンベの交換回数を減らしたい人

結論としては、「ビストロの達人3」がおすすめです。

ビストロの達人3とビストロの達人2の最大の違いは、「生産国」「安全装置」「カラーバリエーション」です。

上記の観点だけ選べばOKですよ。

ビストロの達人3とビストロの達人2は、

  • 火力の強さ
  • 災害時に役に立つ
  • アウトドアに便利
  • 豊富な料理が作れる
  • お手入れのしやすさ

は変わりません。

子供と一緒にアウトドアやキャンプを楽しむ人には、“立ち消え安全装置”があると安心ですね。

さらにおしゃれなカラーは写真映えもして、ステキな思い出が残りますよ。

価格も大きく変わらず、日本製という点も加えると、ビストロの達人3を選ぶといいですね。

ビストロの達人3とビストロの達人2の比較表

商品名ビストロの達人Ⅲビストロの達人Ⅱ
型番CB-BST-3CB-GP-W
本体サイズ幅38.7 × 奥行31.8 × 高さ18.4㎝幅40.6 × 奥行32 × 高さ18.7㎝
重さ約3.4kg約3.4kg
点火方式圧電点火方式圧電点火方式
点火確認窓3つ1つ
連続燃焼時間約107分約120分
容器着脱方式マグネット方式マグネット方式
安全装置圧力感知安全装置
立ち消え安全装置
容器装着安全装置
圧力感知安全装置
容器装着安全装置
材質本体:鋼板(粉体塗装)
プレート:アルミ板(フッ素樹脂加工)
ごとく:耐熱アルミダイカスト
バーナー:耐熱アルミダイカスト
点火つまみ:ABS樹脂
本体:鋼板(粉体塗装)
プレート:アルミ板(フッ素樹脂加工)
ごとく:耐熱アルミダイカスト
バーナー:耐熱アルミダイカスト
点火つまみ:ABS樹脂
カラーパールブラウン
パールピンク
パールレッド
パールホワイト
パールブラック
ホワイト
生産国日本製中国製
保証期間お買い上げから1年間お買い上げから1年間

▼日本製でカラーが豊富!「ビストロの達人3」はこちら

ビストロの達人3の良い口コミ・悪い口コミを知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

》【イワタニ】ビストロの達人3の口コミ8選【プレート4種類も解説】

▼中国製で価格が少し安い!「ビストロの達人2」はこちら

》目次へもどる

ビストロの達人3とビストロの達人2の共通の特長・機能

ビストロの達人3とビストロの達人2の共通する特長

ここからはビストロの達人3とビストロの達人2の共通の特徴や機能についてお話ししますね。

1台で6役のマルチなカセットコンロ

ビストロの達人3とビストロの達人2は、1台で6役の多彩なメニューに対応しています。

作れるメニューは下記のとおり。

  • 焼く
  • 煮る
  • 蒸す
  • 炊く
  • 鍋もの
  • 無水調理

鍋や焼肉、餃子、お好み焼きなど、熱々の料理を味わえます。

たーぼう

家族みんなでワイワイ言いながら、楽しい時間を作れますね♪

カセットコンロとしても使える

ビストロの達人3とビストロの達人2は、プレートを取り外せば五徳があります。五徳の上では土鍋や、フライパンなどが使えますよ。

土鍋やフライパンは五徳の中に納まる設計なので、他メーカーのカセットコンロよりも1段低いです。安定感と使いやすさ、熱の伝導率がいいです。

テーブルの上でも、

  • 料理がしやすい
  • 料理を取りやすい

といったメリットがありますよ。

さらに火が外に出にくくなっているので、子供にも安全です!

災害時にも役に立つ

ビストロの達人3とビストロの達人2は、災害や停電時に役に立ちますね。

災害時はガスや電気が止まり、ライフラインが復旧するまで不便な生活を強いられます。

とくにガスの復旧には時間がかかるケースが多いです。

たーぼう

内閣府の防災情報でも、カセットコンロを勧めていますよ。
※内閣府防災情報「自宅倉庫の防災用品」より

加熱調理だけでなく、

  • お湯を沸かして、温かいタオルで体を拭ける
  • 食器やまな板の煮沸消毒ができる

など、衛生面でも活躍してくれますよ。1台あると便利です。

料理が楽しくなる専用レシピブック付き

専用のレシピブックがセットに付いてきます。

検索する手間ひまもなく、サッと確認できます。

料理のレパートリーが、グッと広がりますよ。

別売りプレートで楽しみがさらに広がる

ビストロの達人3とビストロの達人2は、別売りで専用プレートがあります。専用プレートは次の3つです。

  • たこ焼きプレート
  • 網焼きプレート
  • 焼肉プレート ( L・Sサイズ)

専用プレートを購入すれば、楽しみ方が広がります。

あなたが楽しみたい専用プレートを購入すればOKですよ。

》目次へもどる

まとめ:ビストロの達人3とビストロの達人2の違いは5つ

本記事はビストロの達人3とビストロの達人2の違いを解説しました。

「ビストロの達人3」と「ビストロの達人2」の違いは次の5つでした。

  • ビストロの達人2は「連続燃焼時間」が長い
  • 「点火確認窓」の数がビストロの達人3は2つ多い
  • ビストロの達人3は「立ち消え安全装置」を搭載
  • ビストロの達人3は「日本製」、ビストロの達人2は「中国製」
  • ビストロの達人3は「限定カラー」あり

どちらのカセットコンロも、

  • 火力の強さ
  • 災害時に役に立つ
  • アウトドアに便利
  • 豊富な料理が作れる
  • お手入れのしやすさ

など、性能や利便性に違いはありません。

大きく違うのは、「生産国」「安全装置」「カラーバリエーション」の3点です。

上記の3点だけに着目すると、決めやすいですよ。

日本製で安全性が高く、おしゃれなカラーが豊富なカセットコンロが欲しいあなたは「ビストロの達人3」を選ぶといいです。

生産国やカラーは気にせず、使う場所は主に自宅、すこしでも価格を抑えたい場合は「ビストロの達人2」でも十分満足できますよ。

▼日本製でカラーが豊富!「ビストロの達人3」はこちら

▼中国製で価格が少し安い!「ビストロの達人2」はこちら

》目次へもどる

スポンサーリンク

-ホーム&キッチン用品
-, ,