hitachi-error-H56

お役立ち情報 電化製品

日立の電子レンジでエラーH56発生!【故障の原因を解説】

2022年3月15日

広告
悩む男性
悩む男性

日立の電子レンジでエラーH56が出て動かなくなった。

どうしたらいいのかな?対処法を知りたい。

こういった疑問に応える記事です。

この記事でわかることは以下のとおり。

  • エラーH56の故障の原因
  • エラーH56の対処法
  • エラーが直らない場合の対応

急に電子レンジが使えなくなると困りますよね。

私も日立の電子レンジ「MRO-JF6」で、急にエラーがおきて焦った記憶があります。

そこで、この記事では日立の電子レンジの故障の原因や対処法や直らない場合の対応を解説していきます。

結論からいいますと、故障の原因を直すには

  • 「取り消し」ボタンを押す
  • 「電源プラグ」の差し直し

になります。

この記事を読めば、故障した電子レンジにどう対応したら良いのか分かりますよ。

【エラーコードH56】故障の原因は基盤の不具合

hitachi-error-geiin

エラーH56とは「基盤の不具合」です。

基盤の不具合として、

  • インバーター基盤の不具合
  • マグネトロンの断線でマイクロ波が出力しない

によるものです。

故障の原因の大部分は電子レンジの劣化によるもの。

たーぼう

寿命な部分が大きいですね。

【日立電子レンジ】エラーコードH56の対処法

hitachi-error-taisyo

エラーコードH56の対処法は

  • 「取り消し」ボタンを押す
  • 「電源プラグ」の差し直し

になります。

まずは「取り消し」ボタンを押します。

エラーコードの表示が消えますので。

取り消しボタンの操作が効かない場合は「電源プラグ」を抜いてください。

5分後にもう一度電源プラグを差し込みます。

その後、ドアを開閉してみてください。

たーぼう

私は電源プラグの差し直しで直りました。

次は、上記の対策で直らなかった場合を解説していきます。

エラーが直らない場合の2つの行動【修理か買い替え】

hitachi-error-taisaku

エラーが直らない場合は2つの対処になります。

  • 修理
  • 買い替え

1つずつ解説しますね

【対策①】修理

エラーが直らない場合の1つ目の対処が「修理」です。

電源プラグを抜いて、

  • お買い上げした販売店で相談・修理依頼
  • コールセンターから修理に来てもらう

になります。

保証期間はお買い上げから「1年」

※ただし、マグネトロンは2年になります。

「エラーコードH56」は寿命による劣化が故障の原因で起きます。

「5年延長期間保証」がついていても、保証期間が過ぎていることが多いでしょう。

修理の相場は2万円となっています。

たーぼう

修理代金を出すなら、新しく買ったほうが損しませんね。

【対策②】買い替え

次の対策は「買い替え」ですね。

電子レンジの寿命は約10年と言われています。

部品の保有期間も8年。

たとえ修理しても、経年劣化で他の部品がダメになる可能性も十分あります。

買ってから8年以上の電子レンジは買い替えしたほうがいいですね。

まとめ:【日立電子レンジ】エラーコードH56の対処法は電源プラグの差し直し!

本記事は、日立の電子レンジエラーコードH56の対処法を解説しました。

エラーコードH56の故障の原因は、劣化による基盤です。

対処法としては「電源プラグ」の差し直しが一番ですね。

対処しても直らない場合は「修理」か「買い替え」になります。

電子レンジの平均寿命は約10年。

修理には相場として2万円以上と考えたほうがいいです。

ぶっちゃけ、買い替えた方が損しませんね。

この記事があなたの参考になればうれしいです。

関連記事

-お役立ち情報, 電化製品
-, , , , ,