エアロピュアとブルーデオ-アイキャッチ

季節・空調家電

【徹底比較】エアロピュアとブルーデオの違いは4つ!おすすめはどっち

悩む男性
悩む男性

エアロピュアとブルーデオって見た目がまったく同じだけど、何か違うところあるの?

そんな疑問に応える記事です。

結論、エアロピュアとブルーデオの違いのまとめは以下のとおり。

  • エアロピュアの方が消臭・除菌に特化している
  • エアロピュアはフィルターの交換必要なし
  • 紫外線ランプはブルーデオの方が約10,000時間長持ちする
  • ブルーデオの方が約4万円安い
  • エアロピュアはランニングコストがかからない

エアロピュアとブルーデオは見た目がそっくりで、消臭・除菌に優れた家電。

どちらかというと、

  • エアロピュアの方がより特化型
  • ブルーデオはPM2.5も集じん機能もある汎用型

かなと。

そこで本記事はエアロピュアとブルーデオの違いを比較し、どちらがおすすめなのかを解説していきます。

▼消臭・除菌に特化!エアロピュアはこちら▼

エアロピュアの口コミを以下にまとめたので、参考にしていただけたらと思います。

》日機装 エアロピュアの口コミ・評判

消臭・除菌PM2.5も集じん!ブルーデオはこちら▼

フジコーのブルーデオを実際に1ヶ月使っています。

写真つきで徹底レビューしてますので、参考にしていただけたらと思います。

》ブルーデオの1ヶ月実際に使ってみたレビュー記事

【徹底比較】エアロピュアとブルーデオの違いは4つ

エアロピュアとブルーデオを比較したところ違いは以下の4つです。

  • 消臭・除菌をする仕組み
  • フィルター交換の有無
  • 紫外線ランプの寿命時間
  • 価格

1つずつ詳しく解説していきます。

【違い①】消臭・除菌をする仕組み

1つめの違いは、消臭・除菌をする仕組みです。

  • エアロピュア:深紫外線LED + 光触媒フィルター2枚 
  • ブルーデオ:プレフィルター + 光触媒フィルター + UVランプ

まずエアロピュアの消臭・除菌の仕組みを解説します。

◆エアロピュアの消臭・除菌の仕組み

深紫外線LEDは吸い込んだ菌や、ウイルスを照射して除菌します。

そして2枚の光触媒フィルターによって、

  • ウイルス
  • アレル物質
  • ニオイの元ガス成分

を捕捉し、分解・除菌を行ってくれます。ただPM2.5は集じんできません。

つぎにブルーデオの消臭・除菌の仕組みを解説します。

◆ブルーデオの消臭・除菌の仕組み

プレフィルターがゴミやホコリ、PM2.5などを集じん除去します。

光触媒フィルターとUVランプにて、

  • ウイルス
  • アレル物質
  • ニオイの元ガス成分

を元から分解して、室内を消臭・除菌する仕組み。

ポイント

エアロピュアの方が、消臭・除菌に特化している。

【違い②】フィルター交換の有無

つぎにフィルター交換の有無になります。

  • エアロピュア:交換なし
  • ブルーデオ:交換あり

ブルーデオは、プレフィルターを定期的に交換する必要があります。

室内の環境や使用時間によりますが、半年1回を目安にするといいですね。

お手入れする工程はどちらも同じです。

フロントパネルを外し、フィルターに付いているゴミやホコリを掃除機で吸い取るだけです。2~3分ほどで終わりますよ。

ポイント

エアロピュアはフィルターの交換必要なし。

【違い③】紫外線ランプの寿命時間

3つめの違いは紫外線ランプの寿命時間になります。

  • エアロピュア:深紫外線LED「10,000時間以上」
  • ブルーデオ:UVランプ「20,000時間以上」

24時間つけっぱなしの状態で日数に変換しますと、

  • エアロピュア:約1年2ヶ月
  • ブルーデオ:約2年4ヶ月

になります。

したがって、交換を出す回数はエアロピュアの方が多いですね。

ポイント

紫外線ランプはブルーデオの方が長持ちする。

【違い④】価格の違い

エアロピュアとブルーデオの一番の違いは価格です。

◆エアロピュアとブルーデオの価格表

エアロピュアブルーデオ
本体価格70,400円29,480円
フィルター価格1,375円
紫外線ランプ交換価格3,700円
※価格はメーカー公式価格になります。

上記の表のとおり、価格にかなりの差があります。

エアロピュアは深紫外線LEDの交換が永久保証になっています。

マニュアルどおりに利用しての故障や寿命は、無償で交換可能。※送料などの負担はあります

そのためランニングコストがかかりません。

ブルーデオは定期的に消耗品を買う必要がありますが、

  • フィルター:1年に2回
  • 紫外線ランプ:2年に1回

だとしても、8年~9年ほどでようやく本体価格が同じになります。

ポイント

ブルーデオの方が価格は安い。

エアロピュアはランニングコストがかからない。

▼消臭・除菌に特化!エアロピュアはこちら▼

エアロピュアの口コミを以下にまとめたので、参考にしていただけたらと思います。

》日機装エアロピュアの口コミ・評判

消臭・除菌PM2.5も集じん!ブルーデオはこちら▼

フジコーのブルーデオを実際に1ヶ月使っています。

写真つきで徹底レビューしてますので、参考にしていただけたらと思います。

》ブルーデオの1ヶ月実際に使ってみたレビュー記事

エアロピュアとブルーデオ おすすめはどっち

上記までの各項目の総括は以下のとおりです。

  • エアロピュアの方が消臭・除菌に特化している
  • エアロピュアはフィルターの交換必要なし
  • 紫外線ランプはブルーデオの方が約10,000時間長持ちする
  • ブルーデオの方が約4万円安い
  • エアロピュアはランニングコストがかからない

そのうえでエアロピュアとブルーデオのおすすめな人を解説します。

エアロピュアがおすすめな人

  • フィルターの交換をしたくない人
  • ランニングコストをかけたくない人
  • 消臭・除菌に特化している方が良い人

ブルーデオがおすすめな人

  • 価格は安いほうが良い人
  • 集じん機能がある方がいい人
  • 少しくらい性能が落ちても構わない人

結論、おすすめは「ブルーデオ」ですね。

エアロピュアとブルーデオの最大の違いは「価格」です。上記の観点だけで選べばOKですよ。

消臭・除菌はエアロピュアの方が特化しています。フィルターの交換がないため、ランニングコストもかかりません。

ブルーデオはプレフィルターがあるため、PM2.5などを集じんできますよ。光触媒によって、菌やウイルスを分解・除菌するので優秀です。

消臭・除菌にこだわりがなければ、ブルーデオの方がおすすめですね。

エアロピュアとブルーデオの比較表

製品名Aeropure (エアロピュア) series SブルーデオS型
サイズ幅18.7 × 奥行12.9 × 高さ26.8cm幅18.7 × 奥行12.9 × 高さ26.8cm
重さ約1.4kg約1.4kg
部屋サイズ約8畳約8畳
紫外線ランプ深紫外線LEDUVランプ
紫外線ランプの寿命10,000時間以上20,000時間以上
フィルター光触媒フィルター2種光触媒フィルター
プレフィルター
フィルターの交換あり
消費電力弱:14W
標準:15W
強:18W
弱:8.5W
標準:9W
強:12W
運転音(公式)弱:22dB
標準:28dB
強:40dB
弱:22dB
標準:28dB
強:40dB
コードの長さ約1.5m約1.5m
生産国日本日本
価格
(メーカー希望小売価格)
70,400円29,480円

まとめ:エアロピュアとブルーデオの違いを比較したら4つでした

本記事はエアロピュアとブルーデオの4つの違いを解説しました。

エアロピュアとブルーデオの違いをもう1度まとめます。

  • エアロピュアの方が消臭・除菌に特化している
  • エアロピュアはフィルターの交換必要なし
  • 紫外線ランプはブルーデオの方が約10,000時間長持ちする
  • ブルーデオの方が約4万円安い
  • エアロピュアはランニングコストがかからない

エアロピュアとブルーデオは、

  • 重さ
  • サイズ
  • デザイン
  • 操作方法
  • お手入れ

にほとんど違いはありません。

機能と価格が地味に違います。

価格は高くても、消臭と除菌が優れている方が良いなら「エアロピュア」がいいですね。

お手頃価格で、PM2.5を集じんする機能も欲しいなら「ブルーデオ」で十分満足できるはずです。

▼消臭・除菌に特化!エアロピュアはこちら▼

エアロピュアの口コミを以下にまとめたので、参考にしていただけたらと思います。

》日機装エアロピュアの口コミ・評判

消臭・除菌PM2.5も集じん!ブルーデオはこちら▼

フジコーのブルーデオを実際に1ヶ月使っています。

写真つきで徹底レビューしてますので、参考にしていただけたらと思います。

》ブルーデオの1ヶ月実際に使ってみたレビュー記事

-季節・空調家電
-, , ,