グルラボプラス-アイキャッチ

ホーム&キッチン用品

グルラボプラスの口コミ・評判!6種類の使い方で快適なキッチンライフ

グルラボプラスの口コミ・評判を解説します。またグルラボプラスの使い方もお話しますね。

グルラボプラスは「調理から保存容器として使え、いそがしい夫婦の味方」が最大の特徴です。

グルラボプラスの口コミは以下のとおり。

良い口コミ悪い口コミ
手軽で取り扱いに便利容器にニオイが残りやすい
レシピ量が多くて飽きがこないもう少し大きいサイズが欲しい
洗い物が減り、お手入れがしやすい
プレゼントに向いている

グルラボプラスは、

  • 6種類の調理機能
  • 4つのツール
  • 150種類以上のレシピブック

と充実していますよ。

記事後半では、グルラボプラスの使い方も解説してます。詳しくは本文にてお話しますね。

▼グルラボプラスはこちら▼

メリットデメリット
料理の時短
洗い物が減る
光熱費の節約
使い方はシンプル
プレゼントにも最適
余分な油も落とせるので健康的
3人以上のおかずはキビシイ
食材によっては、ニオイ移りする
冷蔵庫が小さいと、庫内がかさばる

グルラボプラスには、プレートの機能とカラーが違うモデル「グルラボ」があります。

グルラボプラスとグルラボの違いを比較した記事は、下記でご紹介してます。

》【徹底比較】グルラボプラスとグルラボ 違いは4つ!

グルラボプラスの悪い口コミ・評判

グルラボプラス悪い口コミ

グルラボプラスの悪い口コミ・評判から解説します。

悪い口コミ・評判は以下の2つ。

  • 容器にニオイが残りやすい
  • もう少し大きいサイズが欲しい

1つずつ解説しますので、あなたにとって許容できそうかという気持ちで読んでみてください。

たーぼう

許容できそうなら購入の決め手としていいと思います。

容器にニオイが残りやすい

  • ニオイ残りがしやすい
  • ニオイの強いものだと、後が大変

プラスチック製の容器は、ニオイが染みつきやすいという欠点があります。

キムチや酢漬けなどは、ニオイが残りがちです。素材上の問題なので、仕方ない部分ですね。

とはいえ、容器についたニオイを落とす方法もあります。

やり方は容器に水とお酢をいれて、フタをして加熱すればOKです。

水とお酢の分量と加熱時間は、以下を参考にしてください。

容器水量お酢加熱時間(600W)
小さい容器150mlおおさじ1/23分40秒
大きい容器600mlおおさじ18分20秒

ニオイを落としたあとは、しっかりと乾燥させて保管しましょう。

もう少し大きいサイズが欲しい

  • もう少し大きいサイズがあるとベスト
  • 想像よりも小さく、あと2周り大きいと良かった

グルラボプラスの大きい容器のサイズは「縦16.7 × 横18.8cm」

1万円札の横サイズが16cmなので、目安になると思います。実際に置いてみると、思ったよりコンパクトですね。

1~2人用ならちょうど良いサイズです。ただ3人以上は少々物足りないかなと。

とはいえ1回の料理にかける時間は少ないので、2回に分けて作るのもありですね。

》目次へもどる

グルラボプラスの良い口コミ・評判

グルラボプラス良い口コミ

次にグルラボプラスの良い口コミ・評判をお話します。

良い口コミ・評判は以下の4つ。

  • 手軽で取り扱いに便利
  • レシピ量が多くて飽きがこない
  • 洗い物が減り、お手入れがしやすい
  • プレゼントに向いている

1つずつ解説しますね。

手軽で取り扱いに便利

  • お手軽料理のマルチ調理器具!
  • 食材と調味料を入れるだけだから楽で良い

「手軽に調理ができて、料理の時短になる」との声が一番多かったです。

仕事から帰ってきて、それからの料理の準備って大変ですよね。事前に料理の下ごしらえをして、冷蔵庫に保存しておくのもOK。

疲れて帰ってきても、レンジでチンするだけで出来上がりです。しっかりと栄養が取れて、料理のハードルが下がります。

レシピ量が多くて飽きがこない

  • 色んなレシピがあって、バリエーション豊富!
  • 今まで以上に栄養の取れるレシピが増えました

グルラボプラスは付属品にクッキングガイドが付いてきます。掲載されているレシピ数は180以上。

料理に詳しくない人でも、時間の短縮して作れますね。

ただ注意点として、クッキングガイドのワット数の基準が700Wなこと。電子レンジによっては、700Wがないこともあると思います。

ワット数別の早見表を参考にして、加熱時間を調整してください。

◆ワット数別、加熱時間早見表

500W600W700W
40秒40秒30秒
1分20秒1分10秒1分
2分10秒1分50秒1分30秒
2分50秒2分20秒2分
4分10秒3分40秒3分
5分40秒4分50秒4分
7分6分5分
8分20秒7分10秒6分
9分50秒8分20秒7分
11分10秒9分40秒8分
14分12分10分

洗い物が減り、お手入れがしやすい

  • 洗いやすく衛生的
  • 食器代わりになるので、洗い物も減らせます
  • 洗い物も減って子供と遊ぶ時間や会話が増えました

グルラボプラスは、以下のメリットがあります。

  • 食器に移さなくても良い
  • 調理器具としても使える
  • 保存容器として冷蔵・冷凍できる

洗い物が減り、気持ちがすこし楽になりますね。

グルラボプラスのコーナーは丸みがあり、スポンジなどで洗いやすいです。

毎日使うキッチンツールです。お手入れのしやすさも大切ですね。

プレゼントに向いている

  • とても気に入ったので、母にプレゼントしました
  • 買ってよかったので、息子にもプレゼントします

グルラボプラスは、

  • 焼く
  • 炊く
  • 蒸す
  • 炒める
  • ゆでる
  • オーブン調理
  • 下ごしらえ
  • ミキシングボウル
  • ストレイナー
  • 保存容器

と幅広い使いみちができます。生活に欠かせない調理器具になります。

結婚祝いや出産祝いなど、夫婦生活のプレゼントに向いてますね。

▼グルラボプラスはこちら▼

グルラボプラスには、プレートの機能とカラーが違うモデル「グルラボ」があります。

グルラボプラスとグルラボの違いを比較した記事は、下記でご紹介してます。

》【徹底比較】グルラボプラスとグルラボ 違いは4つ!

》目次へもどる

グルラボプラスの使い方を解説

グルラボプラスの使い方を解説します。

グルラボプラスは、加熱調理と保存容器としての機能があります。

まずは加熱調理の使い方をお話します。

◆加熱調理の使い方

本体内に食材と調味料を入れます。

フタと本体にある空気調節口を合わせ、フタをしてレンジでチンします。

容器内の蒸気をいい感じに逃し、通常よりすこし高い温度で熱をとおしますよ。

容器の耐熱は以下のとおりです。

  • 容器の本体:230℃ (フタを外してオーブンで加熱可能)
  • 容器のフタ:150℃ (フタをして電子レンジで加熱)

電子レンジ・オーブンどちらでも利用可能ですよ。

次に保存容器としての使い方をお話しますね。

◆保存容器の使い方

容器に食品や料理を入れて、冷蔵・冷凍保存が可能です。

空気調節口は合わせないようにフタをします。

容器の耐冷温度は『-40℃』。保存していた料理を、そのまま電子レンジで温めなおせますよ。

料理を作るのが面倒なときでも、事前に多く用意しておけば時短に繋がりますね。

》目次へもどる

グルラボプラスの特徴・スペック

グルラボプラス特徴・スペック

ここから上記で説明しきれなかったグルラボプラスの特徴やスペックを解説しますね。

1台で6つの役割

グルラボプラス1台で6つの役割が可能です。

6つの役割は以下のとおり。

  • 焼く
  • 炊く
  • 蒸す
  • 炒める
  • ゆでる
  • オーブン調理

上記の調理でさまざまな料理が簡単にできます。

水を使わない野菜料理から肉料理、魚料理、ご飯にスイーツまで作れますよ。

いろんな料理が作れて、夫婦2人には重宝する万能調理器ですね。

グルラボプラスの製品仕様

グルラボプラスは、大と小の容器とバット、プレートがあります。

それぞれ製品の仕様表は以下のとおり。

製品仕様
ラージカプセルサイズ:ヨコ18.8 × タテ16.7 × 高さ8.9cm
容量:1,320ml
重さ:161g
スモールカプセルサイズ:ヨコ15.6 × タテ13.7 × 高さ7.2cm
容量:670ml
重さ:107g
スクエアディッシュサイズ:ヨコ19.9 × タテ18 × 高さ3.2cm
容量:900ml
重さ:118g
マルチプレートサイズ:ヨコ13 × タテ12×1cm
重さ:22g

スクエアディッシュはバットとして調理の補助ツール以外に、レンジ調理やオーブン調理にも使えます。

マルチプレートは本体内に敷いて使えば、余分な脂を落とせます。ヘルシーで健康的な料理ができますし、落し蓋としても使えますよ。

グルラボプラスのラインナップ

グルラボプラスは、3つのセットが用意されています。

  • パーソナルセット
  • シングルセット
  • マルチセット

セット内容で付属される内容物の数やレシピ本が違います。レシピ本は下記の本になります。

付属される内容物は以下のとおり。

セット内容付属品公式価格 (税込)
パーソナルセットラージカプセル×1個
マルチプレート×1個
レシピブック「忙しい日の本格手抜きレシピ20」×1冊
2,970円
シングルセットラージカプセル×1個
スモールカプセル×1個
スクエアディッシュ×1個
クッキングガイド(取扱説明書)×1冊
4,400円
スクエアディッシュラージカプセル×2個
スモールカプセル×2個
スクエアディッシュ×1個
マルチプレート×1個
クッキングガイド(取扱説明書)×1冊
6,600円

》目次へもどる

グルラボプラスのよくある質問

グルラボプラスよくある質問

最後にグルラボプラスのよくある質問をまとめました。

Q1 食洗機にも使えますか?

A. 本体、プレート、スクエアディッシュは使えます。

フタは対応してませんので、注意してください。

Q2 耐熱温度は何度ですか?

A. 本体は230℃まで、フタは150℃までです。

Q3 耐冷温度は何度ですか?

A. 本体、フタ両方とも-40℃までです。

Q4 500W,600Wでも使用可能ですか?

A. はい、可能です。

ただクッキングガイドは700Wを基準にした加熱時間です。

700Wの加熱時間を、

  • 500Wは1.4倍
  • 600Wは1.2倍

に変更してください。

まとめ:グルラボプラスの口コミ・評判

本記事はグルラボプラスの口コミ・評判、使い方について解説しました。

最後にもう1度グルラボプラスの口コミ・評判をまとめます。

良い口コミ悪い口コミ
手軽で取り扱いに便利容器にニオイが残りやすい
レシピ量が多くて飽きがこないもう少し大きいサイズが欲しい
洗い物が減り、お手入れがしやすい
プレゼントに向いている

楽天での評価も4.5とすこぶる高いですよ。

》みんなのレビューを楽天で確認する

1台あれば色んな料理が、数分で作れる逸品。料理の時短になり、洗い物も減らせます。

仕事で忙しい2人ぐらしの夫婦にピッタリな、マルチ調理機器でした。

▼グルラボプラスはこちら▼

メリットデメリット
料理の時短
洗い物が減る
光熱費の節約
使い方はシンプル
プレゼントにも最適
余分な油も落とせるので健康的
3人以上のおかずはキビシイ
食材によっては、ニオイ移りする
冷蔵庫が小さいと、庫内がかさばる

グルラボプラスには、プレートの機能とカラーが違うモデル「グルラボ」があります。

グルラボプラスとグルラボの違いを比較した記事は、下記でご紹介してます。

》【徹底比較】グルラボプラスとグルラボ 違いは4つ!

-ホーム&キッチン用品
-,