キッチン家電

【比較】AQF-SF11MとAQF-SF10Kの違いは5つ【アクア冷凍庫】

スリムフリーザー「アクア (AQUA)」のAQF-SF11MとAQF-SF10Kの違いを比較して、徹底解説します。

AQF-SF11MとAQF-SF10Kの違いを比較したところ、以下の5つでした。

  • AQF-SF11Mは容量が3L分増えた
  • AQF-SF11Mの奥行きスペースが、3.5cm余裕がある
  • 省エネ性能はAQF-SF11Mの方が7%アップ
  • 電気代はAQF-SF11Mの方が安い
  • AQF-SF11Mにブラックカラーが追加

どちらも横幅36cmのスリム設計です。

それでいて大容量の食品を入れられます。

大きく違うのは「年間の電気代」「カラー展開」の2点ですよ。

詳しくは本文にてお話しますね。

▼新型AQF-SF11Mは、ホワイトとシャインブラックの2色展開です▼

【比較】AQF-SF11MとAQF-SF10Kの違いは5つ

新型 AQF-SF11Mと旧型 AQF-SF10Kの違いは以下の5つです。

  • AQF-SF11Mは容量が3L分増えた
  • AQF-SF11Mの奥行きスペースが、3.5cm余裕がある
  • 省エネ性能はAQF-SF11Mの方が7%アップ
  • 電気代はAQF-SF11Mの方が安い
  • AQF-SF11Mにブラックカラーが追加

1つずつ解説しますね。

AQF-SF11Mは内容量が3L分増えた

まず、新型AQF-SF11Mは内容量が増えました。

  • AQF-SF11M:105L
  • AQF-SF10K:102L

新型 AQF-SF11Mになり、3L分の量が増えました。

多くの食品をしっかり冷凍できます。

さらに、本体のサイズに違いがないのが素晴らしいですね!

AQF-SF11Mの奥行きスペースが、3.5cm余裕がある

本体サイズが変わらず、据付に必要な奥行寸法も変わりました。

  • AQF-SF11M:63.5cm
  • AQF-SF10K:67cm

3.5cm分のスペースに余裕ができました。

扉は右開きタイプ。

扉を開くのも、3.5cm分の余裕があります。

限られたキッチンスペースでは、たった数cmでも余裕があるのは助かりますね。

省エネ性能は、AQF-SF11Mの方が7%アップ

省エネ性能が、7%分アップしています。

  • AQF-SF11M:107%
  • AQF-SF10K:100%

冷凍庫は365日24時間付けっぱなしの家電。

消費電力を少し減らすことで、地球の温暖化を防ぐことにつながります。

たーぼう

エコロジーライフですね♪

電気代はAQF-SF11Mの方が安い

AQF-SF11Mは、省エネ性能が良くなったことで電気代も安くなりました。

年間の消費電力と電気代は以下の通り。

品番消費電力年間の電気代
AQF-SF11M340kWh約9,180円
AQF-SF10K356kWh約9,612円

◆AQF-SF11Mの電気代の計算方法は以下の通り。

電気代の計算方法

消費電力「340kWh」×1kWhあたりの料金単価「27円」=1年間の電気代「9,180円」

※1kWhあたりの電気料金単価を27円/kWhとして計算しています。

参考元:全国家庭電気製品公正取引協議会「新電気料金目安単価」

年間で「432円」ほどしませんよ。

AQF-SF11Mにブラックカラーが追加

AQF-SF11Mは、カラーが2色展開になりました。

  • AQF-SF11M:ホワイト・シャインブラック
  • AQF-SF10K:ホワイト

AQF-SF11Mは、色味にシャインブラックが追加されました。

上品なホワイトにクールなブラック。

キッチンや冷蔵庫とカラーにあわせて選ぶといいですね。

▼新型AQF-SF11Mは、ホワイトとシャインブラックの2色展開です▼

AQF-SF11MとAQF-SF10Kはどっちがおすすめ?

つぎに、新型 AQF-SF11Mと旧型 AQF-SF10Kがどちらがおすすめなのか解説します。

結論からいいますと、『新型AQF-SF11M』一択ですね。

というのも、

  • 内容量が増えてる
  • 省エネ性能が良い
  • 旧型AQF-SF10Kの販売がごく1部

になっているため。

価格面では、旧型 AQF-SF10Kの方が安いです。

  • 新型AQF-SF11M:51,480円
  • 旧型AQF-SF10K:38,888円

ただ、旧型 AQF-SF10Kは販売終了となっています。

大手通販サイトでも取り扱っていません。

取り扱っているのは、ごく1部のみ。

結論、信頼性のある場所で、AQF-SF11Mの購入がオススメですよ。

AQF-SF11MとAQF-SF10Kの比較表

新型 AQF-SF11Mと旧型 AQF-SF10Kの違いを表にまとめました。

品番AQF-SF11MAQF-SF10K
全内容積105L102L
本体サイズ幅36cm
高さ145.5cm
奥行63.5cm
幅36cm
高さ145.5cm
奥行63.5cm
据付必要奥行寸法63.5cm67cm
本体の重さ37kg37kg
年間消費電力量340kWh/年356kWh/年
定格消費電力
(50/60Hz)
電動機:100/110W
電熱装置:124/124W
電動機:100/110W
電熱装置:124/124W
年間の電気代9,180円9,612円
2021年
省エネ基準達成率
107%100%
カラーバリエーションホワイト
シャインブラック
ホワイト

比較表から見ると、新型AQF-SF11Mは使い勝手が良くなっているのが分かりますね。

AQF-SF11MとAQF-SF10Kの共通する機能や特徴を解説

ここからは、AQF-SF11MとAQF-SF10Kの共通の機能や特徴についてお話しますね。

くらしを変えるスリムな横幅

スリムフリーザー「アクア (AQUA)」は『横幅36cm × 高さ145cm』を実現。

省スペースで設置しやすい設計です。

冷凍庫の悩みは置き場所ですね。

限られたスペースに置けるよう、業界トップクラスのサイズ「横幅36cm」に成功。

キッチン以外にも、

  • リビング
  • 寝室
  • 玄関

など、デッドスペースに置けるのも魅力的ですね。

アクアの本体サイズは、幅36cm・奥行63.5cmです。

500mlペットボトルの高さが『約21cm』ですよ。

500mlペットボトルを目安に、

“幅は2本分、奥行は3本分”

で置ける範囲なら、アクアが設置できますよ!

コンパクトなのに大容量105L

アクア (AQUA)の「容量は105L」なので、冷凍食品がしっかり入ります。

バスケットは「大3つ・小1つ」になってますよ。

バスケットサイズは、旧型AQF-SF10Kですがほとんど変わらないサイズです。

  • バスケット大:「横幅22.8cm × 高さ24.2cm × 奥行31.6cm」
  • バスケット小:「横幅22.8cm × 高さ24.2cm × 奥行25.1cm」

一番下にコンプレッサーがあるため、小さいバスケットになってますよ。

ロングボディで深さのあるバスケットです。

出し入れもしやすく、整理がしやすいのでストレスフリー!

いろいろな使い方ができます。

  • ケーキやアイスなど高さのあるもの
  • 料理の作り置き
  • まとめ買いした食品
  • ふるさと納税の返礼品

など、たっぷり入れられます。

バスケットと棚を外せば、魚1匹丸まるも入れられますよ♪

フラットなガラス棚でお手入れもカンタン

棚は『全段強化処理ガラス棚』を使用していて、とても丈夫です。

形はフラット。ガラス棚もバスケットも取りはずして洗えます。

庫内のお手入れが、とってもカンタン。

いつも清潔にできるので、庫内の独特のニオイをなくせます。

結論、スッキリして快適な生活が送れますよ。

まとめ:AQF-SF11MとAQF-SF10Kの違いを比較したら5つでした

AQFSF11MとAQFSF10K違いまとめ

本記事は、AQF-SF11MとAQF-SF10Kの違いを比較しました。

違いは以下の5つでした。

  • AQF-SF11Mは容量が3L分増えた
  • AQF-SF11Mの奥行きスペースが、3.5cm余裕がある
  • 省エネ性能はAQF-SF11Mの方が7%アップ
  • 電気代はAQF-SF11Mの方が安い
  • AQF-SF11Mにブラックカラーが追加

どちらも横幅36cmのスリム設計で、大容量の食品を入れられます。

大きく違うのは「年間の電気代」「カラー展開」の2点。

旧型AQF-SF10Kは、公式や大手通販サイトでは販売終了となっています。

そのため、選ぶなら「新型AQF-SF11M」一択ですよ。

この記事があなたの参考になるとうれしいです。

▼新型AQF-SF11Mは、ホワイトとシャインブラックの2色展開です▼

-キッチン家電
-,