2022モデルアビエン違い

キッチン家電

【アビエンマジックグリルとS】2022モデルと2021モデルの違いを比較

2022年8月30日

悩む男性
悩む男性

アビエンのマジックグリル・マジックグリルSに2022モデルが発売されるけど、2021モデルと何が変わったの?

こういった疑問に応える記事です。

2022モデルと2021モデルの違いは、以下のとおりです。

  • 2022モデルはヒーターとプレートの素材が優れている
  • 2022モデルは4段階の温度調整へ改良
  • 消費電力は2021モデルの方が低い
  • 2022モデルにセンサーレス温度制御システムが実装
  • 2022モデルはデザインがシャープになった
  • 2021モデルは価格が安い

どちらのモデルも、アビエン独自のコーティングを施したプレートになっています。

食材の焦げつきにくく、お手入れは簡単です。設置や収納も、パッとできちゃいますよ。

大きく違うのは「温度の調節」ですね。2022モデルは美味しい食事を、追求した設計になっていますよ。

詳しくは本文にてお話しますね。

▼2022モデルのマジックグリルはこちら▼

▼2022モデルのマジックグリルSはこちら▼

▼2021モデルのマジックグリルはこちら▼

▼2021モデルのマジックグリルSはこちら▼

マジックグリルとマジックグリルSの違いを比較した記事を以下でまとめています。

》マジックグリルとマジックグリルSの違いは6つ

2022モデルと2021モデルの違いは5つ

magicgrill2022違い

マジックグリルシリーズの2022モデルと2021モデルの違いは、以下の5つです。

  • ヒーターとプレートの素材
  • 温度設定と消費電力
  • 温度制御方式
  • デザイン
  • 価格

1つずつ深掘りしていきますね。

【違い①】ヒーターとプレートの素材変更

 2022モデルと2021モデルでは、以下の2つが変わっています。

  • ヒーター
  • プレート

2つの変更部分を解説していきます。

◆ヒーターの種類

マジックグリルとマジックグリルSのヒーターの種類が、以下に変更になりました。

  • 2022モデル:フィルムヒーター
  • 2021モデル:サーキットヒーター

サーキットヒーターは、プレートに埋め込まれ、全体に熱が伝わる構造です。

ただ“中央は熱いけど、端の方は熱が弱い”との声もありました。

フィルムヒーターもサーキットヒーターと同じ構造です。ですがプレート全面にヒーターが広がり、加熱域が増えました。

またプレートの素材も変わりましたよ。

◆プレートの素材

プレートの素材は以下のとおり。

  • 2022モデル:アルミダイキャスト
  • 2021モデル:ステンレス、アルミ

アルミダイキャストになり、2021モデルより厚みのあるプレートを精密に加工ができるようになりました。

それにより、

  • 熱をたくわえる性能の向上
  • 食材を置いたときの温度の低下を防ぐ
  • 温度が低下したプレートへの温まりが早い

と進化しましたよ。

まとめると、食材の旨みをギュッと詰め込んだおいしい料理ができますよ。

【違い②】温度設定と温度制御方式の改善

2つ目の違いは、温度設定と温度制御方式の改善ですね。

温度を調節できる数は以下のとおりです。

  • 2022モデル:4段階
  • 2021モデル:2段階

2022モデルの温度設定は、以下のとおり。

  1. WARM:約100℃
  2. LOW:約150℃
  3. MID:約190℃
  4. HI:約250℃

2022モデルのマジックグリルとマジックグリルS、どちらも4段階の温度設定ができますよ。

2021モデルでは「弱と強」の2段階しかありません。

  • 弱:約180~200℃
  • 強:約250℃

一部の人から “火力の調節ができるとうれしいな…。” との声もありました。

2022モデルの4段階の火力調整は、有りがたいですね。

さらに2022モデルは、センサーレス温度制御システムを実装。

センサーレス温度制御システムにより、設定した温度差のバラツキが抑えられるようになりました。

たーぼう

ローストビーフや鶏レバー、トーストなどをおいしく焼き上げられますよ。

》目次へもどる

【違い③】消費電力の違い

2022モデルのマジックグリルとマジックグリルSは、消費電力が上がっています。

それぞれの消費電力は以下のとおり。

◆マジックグリルの消費電力

  • 2022モデル:850W
  • 2021モデル:770W

◆マジックグリルSの消費電力

  • 2022モデル:850W
  • 2021モデル:580W

マジックグリルの消費電力は、そこまで変わりません。マジックグリルSは270W差がありますね。

それぞれのマジックグリルSの1時間にかかる電気代は以下のとおり。

◆2022モデルと2021モデルのマジックグリルSの1時間の電気代

  • 2022モデル:約23円
  • 2021モデル:約15.7円

※1kWhあたりの電気料金単価を27円/kWh全国家庭電気製品公正取引協議会「新電気料金目安単価」)として計算しています。表示の電気代はあくまで目安ですのでご了承ください。

1時間あたりの電気代の差は、約7.3円になりますよ。1ヶ月、毎日1時間つかうと「約219円」差ですね。

【違い④】デザインの変更

4つ目の違いは、デザインの変更ですよ。

2021モデルには、プレートの裏やプレート脚に突起部分があります。

2022モデルは突起部分がなくなり、シンプルなフォルムになりました。

洗練さはなくなっておらず、シャープで磨き上げられたデザインになっていますよ。

たーぼう

ワンランク上の食卓へと彩ってくれますね。

なおプレートとプレート脚のサイズは、高さ、幅、奥行きそれぞれ1cmもしくは2cmしか違いません。

サイズはほとんど変わっていませんよ。

【違い⑤】価格の違い

5つ目は、価格の違いです。

2022モデルと2021モデルのマジックグリルとマジックグリルSの価格は以下のとおり。

◆2022モデルと2021モデルのマジックグリルシリーズの価格表

2022モデル2021モデル
マジックグリル23,980円19,800円
マジックグリルS18,480円14,800円
※税込み表記

約4,000円の差ですね。2021モデルでの改善点が、2022モデルではしっかりと改良されています。

そう考えると約4,000円は高くはないのかなと。

▼2022モデルのマジックグリルはこちら▼

▼2022モデルのマジックグリルSはこちら▼

▼2021モデルのマジックグリルはこちら▼

▼2021モデルのマジックグリルSはこちら▼

》目次へもどる

2022モデルと2021モデル どっちがおすすめ?

magicgrill2022おすすめ

上記までの各項目の総括は以下のとおりです。

  • 2022モデルはヒーターとプレートの素材が優れている
  • 2022モデルは4段階の温度調整へ改良
  • 消費電力は2021モデルの方が低い
  • 2022モデルにセンサーレス温度制御システムが実装
  • 2022モデルはデザインがシャープになった
  • 2021モデルは価格が安い

そのうえで2022モデルと2021モデルのおすすめな人を解説しますね。

2022モデルがおすすめな人

  • 細かい温度設定をしたい人
  • プレート全面を使いたい人
  • 焼きムラを少しでも抑えたい人
  • 新モデルがいい人

2021モデルがおすすめな人

  • 大まかな温度調節でも構わない人
  • 電気代を抑えたい人
  • 価格は安いほうがいい人

結論、おすすめは2022モデルですね。

なぜなら、2021モデルでの改善点を改良しているからですね。

2段階の温度設定では、

  • 焼きすぎる
  • 保温ができない

といったことが、2021モデルにありました。

2022モデルは4段階になり、

  • 強い火力で焼き上げ
  • ゆっくりとした焼き上げ

ができて、あなた好みの焼き加減ができます。お肉や野菜がおいしくいただけますよ。

2022モデルは、2021モデルより約4,000円高いです。

ですが全体的にパワーアップしていて、価格以上の価値ありと感じますよ。

》目次へもどる

2022モデルのアビエンマジックグリルとS 旧型との比較表

2022モデルと2021モデルの

  • マジックグリル
  • マジックグリルS

の違いを表にまとめました。

アビエンマジックグリルの比較表

2022モデル2021モデル
組立サイズ幅40.5 × 奥行30.5 × 高さ7.9cm幅40 × 奥行30 × 高さ8.3cm
プレート幅40.5 × 奥行30.5 × 高さ3.4cm幅40 × 奥行30 × 高さ3.3cm
スタンド脚幅23 × 奥行5.7 × 高さ6.4cm幅22 × 奥行57 × 高さ7.2cm
電源AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
消費電力約850W約770W
電源コード1.8m1.8m
ヒーターフィルムヒーターサーキットヒーター
温度設定WARM:約100℃
LOW:約150℃
MID:約190℃
HI:約250℃
弱:約180~200℃
強:約250℃
温度制御方式センサーレス制御
本体カラーブラックブラック
保証期間お買い上げから1年間お買い上げから1年間
付属品プレート
スタンド脚2脚
取扱説明書
電源コード
プレート
スタンド脚2脚
取扱説明書
電源コード
簡易レシピ
Amazon Amazon
楽天 楽天

アビエンマジックグリルSの比較表

2022モデル2021モデル
組立サイズ幅25.3 × 奥行26.4 × 高さ9.9cm幅25.5 × 奥行23 × 高さ11cm
プレート幅25.3 × 奥行24.6 × 高さ5.4cm幅25 × 奥行23 × 高さ5cm
スタンド脚幅23 × 奥行5.7 × 高さ6.4cm幅22 × 奥行57 × 高さ7.2cm
電源AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
消費電力約850W約580W
電源コード1.8m1.8m
ヒーターフィルムヒーターサーキットヒーター
温度設定WARM:約100℃
LOW:約150℃
MID:約190℃
HI:約250℃
弱:約180~200℃
強:約250℃
温度制御方式センサーレス制御
本体カラーブラックブラック
保証期間お買い上げから1年間お買い上げから1年間
付属品プレート
スタンド脚2脚
取扱説明書
電源コード
プレート
スタンド脚2脚
取扱説明書
電源コード
Amazon Amazon
楽天 楽天

》目次へもどる

共通する機能や特徴

magicgrill2022特徴

ここからは2022モデルと2021モデルの共通する機能や特徴についてお伝えしますね。

食材をムラなく焼ける

マジックグリルとマジックグリルSは、プレート全体にヒーターが張りめぐらされています。

熱が均一に食材へと通るので、ムラなく焼けますよ。

お肉も野菜も、ジューシーに美味しくいただけます。

少量の油でも焦げ付けにくい独自のコーティング

マジックグリルとマジックグリルSのプレートは、表面がなめらかで均一になっています。

理由は、独自のコーティング加工が施されているため。

プレートの滑りがいいので、食材は焦げ付きにくいですよ。油もほんの少しでもOKです。

煙や油はねも軽減して、インテリア感覚でテーブルに置いて使えますね。

お手入れが簡単

独自のコーティングにより、お手入れが簡単です。

焦げ付きや油汚れが少ないためですね。

簡単な油よごれは、ペーパーやふきんでサッと拭き取ればOK。

たーぼう

プレートは水洗いもできて、衛生的ですよ!

収納も設置もカンタン

プレートとスタンド脚は、マグネット式です。

ピッタリくっついて設置も簡単!丸洗いした後は、立てて収納できますよ。

シンプルな使いまわしで、収納も設置も快適ですよ。

まとめ:【アビエンマジックグリル・S】2022モデルと2021モデルの違いを比較

最後にもう1度まとめます。

2022モデルと2021モデルの違いは、以下のとおりです。

  • 2022モデルはヒーターとプレートの素材が優れている
  • 2022モデルは4段階の温度調整へ改良
  • 消費電力は2021モデルの方が低い
  • 2022モデルにセンサーレス温度制御システムが実装
  • 2022モデルはデザインがシャープになった
  • 2021モデルは価格が安い

どちらのモデルも、アビエン独自のコーティングを施したプレートになっています。

食材の焦げつきにくく、お手入れは簡単です。設置や収納も、パッとできちゃいますよ。

大きく違うのは「温度の調節」ですね。

2022モデルは美味しい食事を、追求した設計になっていますよ。

たーぼう

マジックグリルで毎日の料理を楽しみましょう!

▼2022モデルのマジックグリルはこちら▼

▼2022モデルのマジックグリルSはこちら▼

▼2021モデルのマジックグリルはこちら▼

▼2021モデルのマジックグリルSはこちら▼

-キッチン家電
-,