美容・健康家電

【比較】ビブレスとドルツEW-DJ55の違いを解説!どっちがおすすめ?

ビブレスとドルツEW-DJ55の違いを比較しました。また、どちらがおすすめなのかもお話します。

結論からいうと、ビブレスとドルツEW-DJ55のおすすめは以下のとおりです。

ビブレスがおすすめの人

  • 返品保証が欲しい
  • 価格は安い方がいい
  • お手入れは簡単な方がいい
  • 軽量で手軽に持ち運びしたい
  • どこでも充電がしやすいUSB式がいい
  • 水の継ぎ足しをしないホース式がいい
  • 歯周ポケットの汚れもしっかり落としたい
  • コンパクトで設置スペースが狭い方がいい

ドルツEW-DJ55がおすすめの人

  • 歯並びが悪い人
  • 舌の汚れも落としたい
  • 矯正器具を使っている人
  • 充電時間が短いほうがいい
  • 超音波水流で歯の汚れを落としたい
  • 水圧レベルを細かく調節できる方がいい
  • スタンドに置くだけで、充電できる方がいい

ただ両方のジェットウォッシャーを調べて、多方面で「差」を感じました。

そこで今回は「ビブレスとドルツEW-DJ55」を徹底比較していきますね。

本記事を参考にすると、自分がビブレスとドルツEW-DJ55どっちが向いているのかわかり、商品選びでお金を無駄にしませんよ。

▼使い勝手の良さがバツグンの『ビブレス』はこちら

▼舌磨きもできるドルツ『EW-DJ55』はこちら

新型EW-DJ55は、旧型EW-DJ54と性能やスペックが同じです。

EW-DJ54の口コミ・評判を参考にしてもOKですよ。

>>>EW-DJ54の口コミや詳しい機能はこの記事で紹介しています。

ビブレスとドルツEW-DJ55の比較表

まず、ビブレスとドルツEW-DJ55の違いを表にまとめました。

品番ビブレスEW-DJ55
メーカーBvres-ビブレス-パナソニック
本体サイズ高さ27cm
(ノズル非装着時19cm)
幅4cm
奥行4cm
高さ31cm
(ノズル非装着時21cm)
幅7.5cm
奥行8.5cm
設置スペース幅8cm × 奥行8cm幅9cm × 奥行10cm
本体の重さ200g約276g
給水方法ポンプ式タンク式「200ml」
洗浄機能パルス水流超音波水流
水圧調整機能3段階5段階
防水設計IPX7
お風呂でも使用可
IPX7
お風呂でも使用可
本体形状コードレスコードレス
電源方式USB式充電式
充電時間約6~8時間約1時間
使用時間約40分約10分
給水回数不要1~3回
片付け時間拭くのに
10~20秒
拭いて乾燥
2~3時間
海外・国内対応
付属品ジェットウォッシャーノズル
電動歯ブラシ
電動コンパクトブラシ
携帯用ポーチ
ホース
超音波水流ノズル
ポイント磨きブラシ
舌磨きノズル
参考価格9,780円17,820円
返品保証30日間無し
製品保証1年間1年間

》目次へもどる

ビブレスとドルツEW-DJ55の性能の違いは?【洗浄方式が違う】

ビブレスとドルツEW-DJ55の大きな違いは『洗浄方法』です。

  • ビブレス:パルス水流
  • ドルツ:超音波水流

それぞれ異なる洗浄方式を採用していますよ。

ビブレスの洗浄性能【パルス水流】

ビブレスは『パルス水流』を採用してます。

理由は、効率的に歯間や歯周ポケットの汚れを落としてくれるため。

パルス水流とは
水を連続して細かく噴出すること。

ビブレス調べで、通常の水流より歯石除去率が「60%」アップしています。

歯石を落とすことで、歯ぐきの健康を促進させます。

ドルツの洗浄性能【超音波水流】

ドルツでは『超音波水流』を採用してます。

なぜなら、歯の表面の汚れをはがし飛ばしてキレイにしてくれるので。

超音波水流とは
水の通り道をしぼり水流の圧力を変え、歯に当てたとき小さな気泡が作られます。

気泡がハジけたときの衝撃波により、超音波が発生する水流のこと。

したがって、

  • 歯周ポケット内の汚れ
  • 歯の表面の汚れ

をすみやかに洗い流す効果があります。

またパナソニック調べでは水圧レベル5の使用したとき、約3日間で歯ぐきの健康を促進させるデータもありますよ。(使用効果は条件によって異なります。)

ポイント

  • ビブレス:歯ぐきの汚れを落とす
  • ドルツ:歯ぐき・歯の汚れを落とす

》目次へもどる

ビブレスとドルツEW-DJ55の利便性はどっち?【ポイントは給水方法!】

ビブレスとドルツの操作性の違いは、以下のとおりです。

  • ビブレスは360℃どの角度でもOK
  • ドルツは本体を立てる必要あり

操作性が違うのは『給水方法』が異なるためです。

ビブレスの給水方法【ポンプ式】

ビブレスの給水は『ポンプ式』を採用してます。

ポンプ式は水の入ったタンクにホースをつなぎ、水をくみ上げる仕組みです。面倒な給水が不要ですよ。

常に水をくみ上げるので、360℃どの角度に傾けても使用可能です。当てやすい角度に傾けられるため、汚れをピンポイントに狙えます。

ビブレスは、

  • 幅 4cm × 奥行 4cm
  • 重さ 200g

と、コンパクトで軽量です。缶コーヒー1本と同じくらいの重さですよ。

年配の女性でも持ちやすい形状ですね。

たーぼう

使用時間が長くても、疲れにくいのがポイント!

ドルツの給水方法【タンク式】

ドルツの給水は『タンク式』を採用してます。

利用時に本体のタンクへ水を入れる仕組みです。

タンク容量は200ml。水の追加が必要なときは、以下のイメージでいいかなと。

  • サッと使う分には、1回分で問題なし
  • 丁寧に掃除すると、1~3回分の水の継ぎ足しが必要

目の前に水を用意して、追加すればいいので問題ないですよ。

ただし本体をかたむけ過ぎると、水を組み上げられず出なくなります。注意が必要ですね。

ドルツは、

  • 幅 7.5cm × 奥行 8.5cm
  • 重さ約276g + タンク容量 200ml

と、500mlペットボトルと大体同じです。年配の女性が持つには少し大変ですね。

ポイント

  • ビブレス:ポンプ式で面倒な給水なし
  • ドルツ:タンク式で水の供給が必要

》目次へもどる

ビブレスとドルツEW-DJ55の充電しやすさを比較

ビブレスとドルツの『充電方式』を比較してみました。

  • ビブレス:USB式
  • ドルツ:充電式

充電方法に違いがあるため、充電時間にも違いがあります。

ビブレスの充電方法【USB式】

ビブレスはUSBで充電するタイプです。

  • PC
  • USB充電器
  • モバイルバッテリー

など、どこでも充電できるのがメリットです。

ただし、

  • 本体に充電スポットがある
  • 充電に「6~8時間」がかかる

というデメリットもあります。充電がUSB式なので、どうしても時間がかかってしまいますね。

とはいえ、

  • 充電中は収納スタンドに立たせられる
  • フル充電で40分の使用が可能

で、毎日充電する必要はありませんよ。

“1週間に2回、睡眠時に充電する”と考えれば、そこまで面倒さはないかなと。

ドルツの充電方法【充電式】

ドルツはコンセントからの充電式を採用しています。

  • コンセント
  • コンセント付きモバイルバッテリー

と旅行中でも充電できますが、ビブレスより充電方法の幅が狭いです。

ただし充電時間は、約1時間と早いですね。

たーぼう

使用時間は約10分と短いですが、充電時間が早いですよ。

充電スポットはスタンドに付いてます。

使い終わってお手入れをしたら、スタンドに挿せば充電がはじまりますよ。

ポイント

  • ビブレス:USB充電で充電できる場所は広いが、充電に時間がかかる
  • ドルツ:コンセント式で充電できる場所は狭いが、充電時間は早い

▼使い勝手の良さがバツグンの『ビブレス』はこちら

▼舌磨きもできるドルツ『EW-DJ55』はこちら

新型EW-DJ55は、旧型EW-DJ54と性能やスペックが同じです。

EW-DJ54の口コミ・評判を参考にしてもOKですよ。

>>>EW-DJ54の口コミや詳しい機能はこの記事で紹介しています。

》目次へもどる

ビブレスとドルツEW-DJ55のお手入れのしやすさ

次に、ビブレスとドルツの『お手入れのしやすさ』についてお話します。

結論から言うと、ビブレスの方が圧倒的にお手入れがしやすいです。

というのも、ビブレスは乾燥させる手間がないため。

ビブレスのお手入れ方法は以下のとおりです。

  • 本体をタオルで拭く
  • 本体に挿してあるホース片付ける
  • スタンドに設置

と、約20秒ほどで終了ですよ。

次に、ドルツのお手入れ方法を解説します。

  • ノズルを口内に入れたまま、電源OFFに
  • 本体の水を捨てます
  • 本体・ノズル・タンク内を水洗い・乾燥

と、約2~3時間ほどかかります。

ジェットウォッシャーは毎日使うものです。掃除が簡単だと面倒さがなくなり、長く続けられますね。

たーぼう

健康的な歯になり、口臭の改善になりますよ!

ポイント

  • ビブレス:乾燥の手間がないので、お手入れは20~30秒で終了
  • ドルツ:洗浄・乾燥が必要なため、お手入れに約2~3時間かかる

》目次へもどる

ビブレスとドルツEW-DJ55の付属品の違い

次に『付属品』の違いをお話しますね。

ビブレスとドルツの付属品の違いは、

ビブレスドルツ
付属品ジェットウォッシャーノズル
電動歯ブラシ
電動コンパクトブラシ
携帯用ポーチ
ホース
超音波水流ノズル
ポイント磨きブラシ
舌磨きノズル

になります。

ビブレスの5つの付属品

ビブレスには5つの付属品が付いてきます。

  • ジェットウォッシャーノズル
  • 電動歯ブラシ
  • 電動コンパクトブラシ
  • 携帯用ポーチ
  • ホース

ビブレスはノズル交換ができて、電動歯ブラシとして使えます。電動歯ブラシは微細振動で効果的に汚れを落とし、歯をツルツルにしますよ。

奥歯の奥や前歯の裏などの磨きにくいところまで、キレイに磨ける「電動コンパクトブラシ」もあります。

付属品として、携帯用ポーチも付いてきます。

たーぼう

本体・ノズル・ホースを入れて、会社・旅行・出張と持ち運び自由♪

ドルツの3つの付属品

ドルツには、3つの付属品が付いてきます。

  • 超音波水流ノズル
  • ポイント磨きブラシ
  • 舌磨きブラシ

超音波を使って汚れを落とす超音波水流ノズル以外にも、

  • ポイント磨きブラシ
  • 舌磨きブラシ

があり、歯のお手入れが可能です。

ポイント磨きプラシは歯並びの悪い人や、矯正中の人にも汚れを落とせますよ。

また、歯だけでなく、舌の汚れを落とせるブラシも付いてきます。

舌の汚れは、口臭の元凶。

舌をキレイにすることは、とても大切ですね。

水を使って口内をキレイにしているので、舌も潤ってます。したがって舌への刺激が少ないので、痛めにくいんですよ。

ポイント

  • ビブレス:ジェットウォッシャーだけでなく、電動歯ブラシで歯の隅々までサポート
  • ドルツ:歯みがきだけでなく、舌の汚れまで幅広く口内ケアをカバー

》目次へもどる

ビブレスとドルツEW-DJ55の価格を比較

最後に『価格』についてお話します。

結論から言いますと、ビブレスの方が安くお得です。

  • ビブレス:10,780円
  • ドルツEW-DJ55:17,820円

※2022年11月18日現在の価格

上記のように、ビブレスがお求めやすい価格になっていますね。

価格は変動がありますので、下記のリンクから確認してくださいね。

ポイント

  • ビブレスの方が、ドルツより約7,000円安い

▼『ビブレス』はこちら▼

▼ドルツ『EW-DJ55』はこちら

》目次へもどる

ビブレスとドルツEW-DJ55はどっちがおすすめ?

ここまでのビブレスとドルツEW-DJ55の違いを踏まえて、どちらがおすすめかをお話しますね。

ビブレスがおすすめの人

ビブレスがおすすめの人は、以下のとおりです。

ビブレスがおすすめの人

  • 返品保証が欲しい
  • 価格は安い方がいい
  • お手入れは簡単な方がいい
  • 軽量で手軽に持ち運びしたい
  • どこでも充電がしやすいUSB式がいい
  • 水の継ぎ足しをしないホース式がいい
  • 歯周ポケットの汚れもしっかり落としたい
  • コンパクトで設置スペースが狭い方がいい

軽くて持ちやすい形状で、老若男女問わず使い勝手が良いです。約1万円で購入できるお手頃な価格です。

返品保証・無料修理保証のサポートも手厚いですよ。

“お手入れは30秒以内に終わるのが良い!歯周病を予防したい!”という人には、最高の商品ですね。

▼使い勝手の良さがバツグンの『ビブレス』はこちら

ドルツEW-DJ55がおすすめの人

ドルツEW-DJ55がおすすめの人は、以下のとおりです。

ドルツEW-DJ55がおすすめの人

  • 歯並びが悪い人
  • 舌の汚れも落としたい
  • 矯正器具を使っている人
  • 充電時間が短いほうがいい
  • 超音波水流で歯の汚れを落としたい
  • 水圧レベルを細かく調節できる方がいい
  • スタンドに置くだけで、充電できる方がいい

ドルツEW-DJ55はどんな歯並びにも対応して、汚れを落とせるのがポイントです。

スタンドに置くだけで充電できます。ノズルの種類が3種類あるので、“歯だけでなく舌もキレイにしたい!口臭を改善したい!”という人におすすめですね。

▼舌磨きもできるドルツ『EW-DJ55』はこちら

新型EW-DJ55は、旧型EW-DJ54と性能やスペックが同じです。

EW-DJ54の口コミ・評判を参考にしてもOKですよ。

>>>EW-DJ54の口コミや詳しい機能はこの記事で紹介しています。

》目次へもどる

まとめ:ビブレスとドルツEW-DJ55の違いを比較!

bvres-dolte-chigai-point

ここまでビブレスとドルツEW-DJ55の違いを比較しました。

最後にビブレスとドルツEW-DJ55のメリットとデメリットをまとめます。

ビブレスドルツ
メリット価格が安い
返品保証あり
歯ぐきの汚れを落とす
ポンプ式で面倒な給水なし
お手入れは20~30秒で終了
USB充電でどこでも充電できる
充電時間は早い
メーカー品で安心
舌の汚れも落とせる
歯ぐき・歯の汚れを落とす
デメリット充電に時間がかかる価格が高い
タンク式で水の供給が必要
お手入れに約2~3時間かかる
コンセント充電で充電場所は限定

ビブレスとドルツEW-DJ55のどちらも、優れたジェットウォッシャーです。

ただどちらがいいのか迷ったら、総合的に判断してビブレスを選ぶといいですよ。

歯のケアはとても大切です。歯周病や虫歯といった病気を防げます。

ジェットウォッシャーで、大切なあなたのお口をケアしていきましょう。

▼使い勝手の良さがバツグンの『ビブレス』はこちら

▼舌磨きもできるドルツ『EW-DJ55』はこちら

新型EW-DJ55は、旧型EW-DJ54と性能やスペックが同じです。

EW-DJ54の口コミ・評判を参考にしてもOKですよ。

>>>EW-DJ54の口コミや詳しい機能はこの記事で紹介しています。

》目次へもどる

スポンサーリンク

-美容・健康家電
-,